09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ベランダの動物たち

2009/10/03
最近、ベランダに赤リスが来るようになりました。
どうやって来るのかは不明ですが、雨どいを伝ってくるのでは、というのが今のところ有力説。帰りは近くの木の枝に、両手両足を広げて大ジャンプをして去っていきます。

↓小鳥用のえさを食べています。手すりの下に隠れているつもりなのでしょうが、どうみても寛ぎきっているように見える。。。
ベランダの赤リス

↓ベランダの向こうの木に、綺麗な黄色い小鳥が。
でもこっちにえさを食べに来てはくれませんでした。
ベランダの黄色鳥

↓オレンジ色の小鳥。Baltimore Orioleのオス。上の黄色い子はメスかな?でも首の黒いトコが違う感じ。。。
ベランダのオレンジ鳥
10:15 日記 in Michigan | コメント(7) | トラックバック(0)

カナダ・ウィンザー日帰り観光

2009/09/26
ウィンザー近郊のPoint Pelee公園へ、1年ぶりに遊びに行きました。
前回の旅のブログ

その前に、またしてもWAH COURT Restaurantで飲茶。
やっぱり10%オフ。安くてうまーい。

そしてウィンザーから1時間半ほど東、アンクル・トムの小屋(Uncle Tom's Cabin Historic Site)へ。
http://www.uncletomscabin.org/
『アンクル・トムの小屋』は、実在の人物がモデルになっていたのです。そのモデル、ジョサイア・ヘンソン(Josiah Henson)が逃亡奴隷達のために設立した施設がここ。今は博物館になっています。

アメリカのリンカーン大統領の奴隷解放宣言の70年も前に、カナダでは奴隷の自由が認められていました。アンダーグランウド・レイルロード(Undergraound Railroad)という、奴隷のカナダへの逃亡を助けるネットワークも存在していたそうです。ヘンソンさんも奴隷として育ち、41歳でウィンザーへ逃亡しました。

↓奴隷管理のための、足かせ首かせなど。人間てこんなに残酷になれるんだね。。。
UncleTomsCabin.jpg

↓庭には、職業訓練用の建物、教会、ヘンソンさんの住居などが展示されています。
博物館の外には、ヘンソンさんのお墓もありました。
UncleTomsCabin2.jpg

最後にPoint Peleeへ。
http://www.pc.gc.ca/eng/pn-np/on/pelee/index.aspx

冬場は島の先端近くまで車が入れるけど、今の時期はシャトルまたは徒歩で行けるのみ。
↓ビジターセンターから出ているシャトル。
PointPeleeシャトル

↓目的はこのモナーク蝶(monarch butterfly)です。
モナーク蝶

避寒のためにメキシコへ移住(Migration)する蝶たちが、8月末~10月初旬あたりに、移動前にこのPoint Peleeに集まるのだそう。蝶の数は日によって違うし、観察ポイントも変わるので、ゲートかビジターセンターで確認を。大体風の当たらない側の、木の上のほうに集まっていました。
モナーク蝶2

ビジターセンターに戻り、他のトレイルへ。
ターキーの群れと遭遇。頭の感じが太古の生物みたい。
PoinPeleeターキー

Marsh Boadwalkを歩きました。初秋の風が冷たいけど、気持ちいい。
PointPeleeマーシュボードウ

公園の外には、トマト畑がたくさん広がっていました。
20枚近くも激写した人がいるので、1枚載せておきます。。。
ウィンザー郊外トマト畑
08:39 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

正しいハグの仕方を知りたい

2009/09/25
今日は友人宅の昼食会に参加。
友達と過ごす時間が、いつにも増して貴重に思える今日この頃です。
みんなの超おいしい料理でお腹いっぱい、
楽しいおしゃべりで幸せなひと時を過ごしました

夕方は、アメリカ人のお友達のお宅にお呼ばれ。
紹介してくれた友人、そのお友達と一緒に、私の送別会をしてくれたのでした。
これまたおいしい料理、手作りメープルケーキをご馳走になり、お腹いっぱい。
たくさんのアメリカ土産までもらってしまいました。感動~。

ところで、もう何人かのアメリカ人のお友達とお別れを交わしたのですが、
戸惑ってしまうのが、ハグ。
左手は相手の背中に回すとして、右手はどうすれば?
ぷにっとしたわき腹を触ってしまったりして、
あっごめんなさい、という気持ちになるのは私だけかしら・・・。
22:10 日記 in Michigan | コメント(2) | トラックバック(0)

ミシガン大美術館(University of Michigan Museum of Art)

2009/09/20
Cattail GCでゴルフ。
47・54の101で終わりました。うーん、帰国前の90台前半達成は無理そうだ。
ゴルフキャットテイル

この後アナーバー(Ann Arbor)へ。
事前の予告なしに連れて行かれたため、ゴルフウェアのままで、お洒落な町アナーバーを歩くはめになりました。道中ブーブー言いながら、ミシガン大学の所有する美術館:
University of Michigan Museum of Art (UMMA)へ。
http://www.umma.umich.edu/
アナーバーUMMA

立派な建物です。中もかっこいい。
お客さんはちょっとお洒落した若いカップルが多かったです。間違ってもゴルフウェアで行っちゃいけません(←根に持ってる)。
アナーバーUMMA2

びっくりするほど大きい美術館ではないけれど、著名な画家の作品もたくさんあり。
アナーバーUMMA3

ミシガン大学にはこの美術館のほかにも、自然史博物館があるようです。
Exhibit Museum of Natural History
http://www.lsa.umich.edu/exhibitmuseum
21:24 アート(美術・音楽・舞台) | コメント(7) | トラックバック(0)

ガレージセール

2009/09/16
アメリカ人の発音だと、車庫は「ガレージ」ではなく、「ガラージ」です。
本場だからそっちが正しいんだろうけど、何か違和感あるなあ。

さて、それは置いておいて、
先日ガレージセールに参加する機会がありました。
一戸建ての綺麗なおうちに住んでいるお友達が、誘ってくれたのでした。
アメリカ人がガレージセール、ヤードセールをする場合、普通は自分の家のものを売るだけなので、散歩がてら訪れる人と会話を楽しみながら、1日のんびり座っているだけ。
でもこちらの日本人コミュニティでは、数軒が合同で品物を出し合って開催することが多いため、品数がとても豊富、お客さんもいっぱい訪れます。特に初日の開始1時間が勝負。

私は初めてで何をしたらいいものやら全く分からなかったのですが、
ベテランの奥様たちは、いかに効率よく正確にお客さんをさばくか、というのを熟考していて、準備は万全、そして非常に機能的な方法を生み出していました。次々にお客さんをさばき、しかも売り上げ金の誤差はセント単位。素晴らしいです。
ガレージセールは今まで買いに行ったことしかなかったけど、
今回参加させてもらって売り手側の準備の大変さを知り、頭の下がる思いでした。
いい経験をさせてもらいました。
01:02 日記 in Michigan | コメント(2) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。