08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

コスタリカ観光・6日目(モンテベルデ→サンホセ・カルタゴ)

2009/07/14
今日は朝から風が強い。体感温度は10℃くらい。
薄手のフリースとウィンドブレーカーを着こんで、ロッジの前をちょこっと散歩しました。
↓綺麗な鳥。でもこの鳥はこの後サンホセでも見ました。
モンテベルデの鳥

↓たぶんターキー(七面鳥)の一種。
モンテベルデの鳥2

8時前に、サンホセ行きのバンが迎えに来ました。モンテベルデは、もう1日は欲しかったなあ。↓トラップファミリーロッジを後にしました。
トラップファミリーロッジ

サンホセまでは、ガイドなしで運転手のみ。
運転手さんは英語が不得意なことも多いので、ちょこっとスペイン語を覚えていると便利です。特に数字は役に立ちました。「15分(休憩)」とか。でも一番使ったのは、
「バニョス(トイレ)」だな。
↓モンテベルデの山々。途中でハナクマが道を横切るのを見ました。
モンテベルデ2

1時間半ほど走ると、晴天。そして気温は30度近くでした。
やっぱりモンテベルデは山の気候だったんだなあ。
さらに3時間、首都サンホセに到着。
↓今日の宿、グランドホテル・コスタリカ。買い物に便利なとても立地のよいホテルでした。
グランオテル

ホテルに荷物を預け、市内散策。
タクシーで近くのエル・プエブロ・コマーシャルセンターへ。タクシーの運転手が、「あそこはお店が少ないよ。レストランやブティックなら、他にもっと大きなモールがあるよ。」というようなことをスペイン語で言っていました(言葉が分からなくても、意外と理解できるもんだ)。ちなみにこのタクシーには少しボラれた。乗る前に交渉するか、メーター表示するタクシーでないとね。

↓エル・プエブロ・コマーシャルセンター。コロニアル調の建物で綺麗だけど、確かに店が少ない。バーが多いので、夜にはもうちょっと賑やかになるだろうけど、閉店のお店も多い。。。
アメリカに帰ってから調べてみたら、どうやらここで5~6年前に2件の発砲事件が発生し、客が激減したらしい。最近はセキュリティーガードを増やし、監視カメラも設置しているらしいけど。
唯一開いていた2件のレストランのうち「Papa Pez」でランチ。店内にはお客さんがたくさんいました。美味しいし、店員さんも感じが良かったです。
エルプエブロコマーシャルセ

ここから歩いて動物園「Zoologico Simon Bolivar」へ。
普通の住宅街の中にある、小さな動物園でした。コスタリカの観光地は大体USドルが使えるけど、ここは現地通貨コロンしか使えず。
↓ハナグマ。他にもコスタリカの動物たちがたくさんいました。
ハナグマ

↓綺麗なカエル。そういえば、森でカエルは1匹も見なかったなあ。雨季だからたくさんいるかと思っていたのに。(声は聞こえた)
コスタリカのカエル

↓入り口近くのトイレの裏に、バクの檻がありました。なぜこんなところに?
バク

↓ショッピング街まで歩いて戻りました。人がいっぱい。
サンホセ中心街

↓私は旅行先のスーパーマーケットに行くのが大好き。お菓子とジュースを購入。
サンホセのスーパー

↓更に歩いて、お土産屋さんが並んだマーケットへ。
サンホセのマーケット

一旦ホテルへ帰還。 ↓ホテルの目の前にある、国立劇場(Teatro Nacional)。
サンホセの国立劇場

コスタリカ最古の町カルタゴへ行ってみました。カルタゴへは15分間隔でバスが出ています。ターミナルより数ブロック手前の道路に、バスと人が並んでいました。
↓1時間弱でカルタゴ到着。最後のバス停で降りて、ロス・アンヘルス大聖堂(Nuestra Señora de los Ángeles)へ。夜はライトアップされて綺麗だそうです。
ロスアンヘルス

↓厳粛な雰囲気の教会内部。地下に黒いマリア像があるということで、探しました。建物の外に地下入り口があり、奥に黒っぽい小さな像が置いてありました。
ロスアンヘルス2

中心部へ歩いて戻りました。
↓教会の廃墟。地震で倒壊したらしい。
カルタゴの教会廃墟

町をぶらぶらした後、バスで再びサンホセへ。
カルタゴのターミナル乗り場は、ガイドブックの表示より少し西にありました。
↓途中で車窓から見た夕焼け。
サンホセ夕焼け

↓サンホセの町は暗くなっても人がいっぱい。安全そうだけど、カメラをぶら下げて歩いていたら、「ちゃんとしまっておかないとダメだよ」と町の人に注意されました。
コスタリカは世界で初めて、憲法によって軍隊の放棄を決めた国です。それによって内戦がなくなり、経済が安定。軍事費を教育や福祉にあてたため、国民の生活は向上しました。でもやっぱり窃盗・強盗などの犯罪は多いし、しかも近年増えてきているようです。
サンホセ中心街2

↓ガイドブックで紹介されていたレストランに行くつもりが、マップを東西逆に読んでいて全く別のお店に入ってしまいました。美味しかったけど。果物のスムージーが美味しくて2人で3杯飲んだら、翌日ちょっとお腹を壊しました(バカ)。
コスタリカのレストランは大体、自分で適当に席に着いてウェイターを待つ、というシステムでした。
サンホセのレストラン
08:05 旅行 | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
No title
暑かったり寒かったり大変ね。体感温度は1メートルの風で1度下がるらしいわ。
No title
山岳地方は寒かったよ。風でそんなに体感温度が変わるなら、やっぱりウィンドブレーカーは必携だね。
No title
そうですよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。