FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

コスタリカ観光・2日目(マヌエルアントニオ)

2009/07/10
マリポサホテルは高台にあるので、深いジャングルとその向こうに海が見下ろせました。
ぴろが起きるまで、テラスでのんびり。
ホエザルの強烈な吼え声が、かなり近くで何度も聞こえました。
ホテルマリポサからの眺め1

朝食までの時間、ホテルの外を散策。
今は雨季で気温も湿度も高く、ちょっと歩くとすぐに汗がじんわり。
入り口から左へ歩いて行くとすぐ、ホワイト・フェイス・モンキーの群れに遭遇しました。ホテルの人の話では、このあたりで餌をやる人がいるので、サルたちは国立公園から渡ってくるんだとか。
ホワイトフェイスモンキー

ホテルのレストランで朝食後、8時前にツアーのお迎え。
他のホテルをいくつか回り、お客さん数人を拾ってから、マヌエルアントニオ国立公園へ。
ここはガイド必須だと思います。ナマケモノやイグアナ、トカゲ、ケイマンなどは殆ど動かないので、自分で見つけるのは至難の業。でも朝はたくさんのガイドと客がいるので、人が集まっているところに行けば色々見ることができるかも。
マヌエルアントニオ国立公園

↓ナマケモノ(Sloth)。この日5頭目撃。あまり動かないし、動いてもかなり緩慢。
午後また見に行った時も、同じ位置にいました。
ナマケモノ

↓小さな恐竜のようなトカゲ。枝と同じ色なので、
いると言われてもなかなか見つけられませんでした。
マヌエルアントニオのトカゲ

↓ホエザル(Howler monkey)が木の高いところから見下ろしていました。
ホエザル

公園内にはビーチがあり、泳ぐことができます。
↓でも雲行きが怪しい。。。
マヌエルアントニオビーチ

公園出口で手の甲にスタンプ(その日のうちなら出入りできる)を押してもらい、公園の外へ。
一旦ホテルへ戻り、タクシーで近くの町ケポスへ行きました。ケポスにはレストランやお店がたくさんあるし、公園も近いので、この辺のホテルに宿泊すれば便利そう。
↓メキシカンのお店で昼食。やっぱりTex-Mexよりはるかに美味しい。
ケポスのレストラン

タクシーで、再びマヌエルアントニオへ。今度はガイドなしです。
午前中とはうって変わって、ほとんど人影がありませんでした。
↓ゲートを入ってすぐ、鹿2頭に遭遇。何ともトボけた顔。逃げないし。
マヌエルアントニオの鹿

↓売店近くで人間のゴミを漁るアライグマ。ミシガンのより手足が長くてひょろっとした感じ。
マヌエルアントニオのアライ

↓湿地にいた小さなケイマン(カイマン)。暗いので写真がぶれてしまった。
マヌエルアントニオのケイマ

午前中は歩かなかった、小さな半島へのトレイルもくまなく歩きました。道は急勾配で狭く、まさに密林探検といった感じ。↓写真のカップルと同様に私も虫&ひっかき傷防止に長袖を持っていたけど、蒸し暑すぎて着ていられず。
マヌエルアントニオトレイル

↓公園の出ると川が道を塞いでいました。午前中はちょろちょろだった川が夕方には水量を増し、こんな状態に。
マヌエルアントニオ出口

雨が本格的に降り出したので、近くのカフェで少し休憩したのち、タクシーでホテルに戻りました。夕食もホテルにて。南イタリアのような、眺めのいいレストランです。
↓昨日撮った写真。今日は雨で何も見えず。
マリポサのレストラン

夜には暴風雨&雷雨になりましたが、疲れていたので朝までぐっすり。
12:25 旅行 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
とぼけた鹿の顔がとっても面白いわ!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。