05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

エクアドル観光・10日目(ナポ川)

2008/12/28
マナティ号(Manatee)での3日目。今日は6:00起床です。
ナポ川の夜明けを見ることができました。
アマゾン3-1jpg

Parrot Lick。オウム待ち中。
アマゾン3-2jpg

オウムたちはこの斜面の粘土を毎朝食べて、餌の果実などに含まれる毒素を中和するのだそうです。ギャーギャーとけたたましい鳥なので、来たらすぐ分かるのですが、なかなか木の上から下りて来ず。結局1羽も見れないまま、ここを後にしました。
アマゾン3-3jpg

次のポイントへ行く途中、派手な鳥がいました。Hoatzin。
アマゾン3-4jpg

ボートからピグミー・マーモセットを発見。10年前まで世界最小のサルと言われていました。分かりにくいけど、右横を向いています。
アマゾン3-5jpg

オウムのクレイ・リックの2つ目のポイント。
船を下りると、コンクリートの長いトレイルが続き、その先にオウムたちが。
こちらにはたくさん来ていました。
アマゾン3-6jpg

写真は撮れなかったけど、頭上の木のてっぺんには、赤い派手なオウムもいました。
アマゾン3-7jpg

マナティに戻り、しばし休憩。
バーでピニャコラーダを作ってもらったら、生ぬるかった。でも見た目は完璧。
アマゾン3-8jpg

お昼ごはんはこんな感じ。エクアドルでは、ポップコーン(と、しばしばドライバナナ)は付け合せでいつも出てきます。スープに入れると美味しい。はじける前の豆状態で食べることもあります。
食事中、ウェイター(船のクルー)が食器のあげさげをしてくれた際は、必ず「グラシアス(ありがとう)」とお礼を言うのがマナーのようです。
アマゾン3-9jpg
 
4時前、Pompeya Islandへ。
意外や立派なバスに乗り、リモンコチャ(Limoncoha:Lemon Lake)に向かいました。
アマゾン3-10jpg

この湖では、夜ケイマン(カイマン:ワニ。)を見ることができます。
そのほか、ここでは数種類の鳥、サルの群れに出遭う事が出来ました。
アマゾン3-11jpg

サル。望遠で撮ったものを更に拡大したので、画像が粗いです。
アマゾン3-12jpg

じゃれあうサルたち。
アマゾン3-13jpg

日が暮れて来たので、ケイマンの来るスポットへ移動します。
アマゾン3-14

ケイマン(ワニ)いました。ガイドの懐中電灯の光で、目が光っていました。
みんなでフラッシュをバシバシたいて撮影。いいのかしら。
写真はケイマン正面から撮ったもの。4つの光る点のうち、下2つは水面に写った目です。
水上には頭しか出ていないので大きさは分からなかったけど、大きいものは数mにもなるそうです。
アマゾン3-15

湖の淵には、浅い水の底に何万という小さな白い光が瞬いていて、近くで覗き込んでみると、まるで上空から町の灯を見下ろしているよう。とても綺麗でした。多分蛍の幼虫。
動物観察の意味では、今日が一番充実していた気がします。
13:25 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
お猿さん、可愛いわよね。
真っ暗闇のなかの鰐の顔、なかなか面白いのが撮れましたね。
サルはよく動くから木が揺れて、いればすぐ分かるの。でもかなり離れていたから、もっといい望遠レンズが欲しくなった。
ワニは頭だけで、水面を音もなくスーッと動いていたよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。