10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

デトロイト市長のスキャンダル

2008/03/18
今日、ヒラリー・クリントンがデトロイトに来ています。
無効になったミシガンの投票、やり直しになるのかな?
ミシガンとフロリダの票がカウントされたら、ヒラリーに有利になりそうだなぁ。

ところでデトロイト市長のキルパトリック(Kwame Kilpatrick)のスキャンダル、
ただの浮気騒ぎかと思っていたら、どんどん大変なことになってきました。
日本でもニュースになっているのかな。

スタッフ・チーフとの浮気のほか、
公金の使い込みも相当だったらしい。
自宅にストリッパーを招いたパーティを開催(もちろん税金で。そして奥さんには隠していたとか)、先日はそのストリッパーのうちの一人が殺害され、犯人は市長に指示された警官、と示唆するニュースも流されました。
浮気の証拠を調査しようとした警官達を、圧力をかけてクビにした疑惑も。
市長に2選したのも、何か不正を働いたに違いないと言われています。

これだけスキャンダルまみれで、市議会も辞職を迫っているのに、
当の本人はとても強気で、あくまで「辞めない」と言い張っています。
すごいです。

今はどうか分からないけど、浮気のニュースが流れたときのTVでは、市長をかばうコメントをする市民が多かったです。
「誰にでもあることよ。ビル・クリントンだって浮気したわ」
と普通のおばあちゃんが言ったのには思わず笑ってしまいました。

近くのアメリカ人(白人)に聞いてみたら、
「デトロイトの黒人達はバカなのよ」
とにべもない^^;
同じアメリカ市民だし移民でもないのに、
まるで私達が、例えば「○○人はがめつい」と言っているのと同じ感じでした。
オバマ氏が昨日、人種問題についてスピーチしていましたが、
本当に難しいだろうなと思います。。
まずは生活環境、教育水準などの改善から始めないと、
「自分達より下位」という意識を変えるのは不可能じゃないかな。

それにしても、ニューヨークではつい最近、州知事が買春で辞任することになったし、
世のなか乱れていますね。
こういうとき、アメリカでは多くの場合、奥さんが寄り添って記者会見やTV出演します。
宗教上の考えなのか、家族への裏切りに対してとても厳しいため、
「私は夫を許します」「家族で夫をサポートします」
という気持ちを表して、事態をひとまず沈静化させるそう(効果あるのかしら?)。
実際のところ、どんな気持ちでしょうね、奥さんは。。
その後、ほとぼりが冷めたころに離婚、というのが常らしいですが。
23:09 日記 in Michigan | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
へえ~!ニューヨーク市長の件はテレビで見たことあるけど、デトロイト市長の件は知らなかったわ。いずれにしても奥様方は、大変ね。心中穏やかではないわね。
デトロイトでは大騒ぎだよ。特にDetroit Newsでは毎日その話題ばかり。いろいろ不正が明らかになってきているから、そのうち起訴されるんじゃないかな。辞職を拒んでいるのは、権力があるうちに裏で圧力や根回しをしようとしているのかも。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。