10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ラマからのメール

2008/03/17
エジプトでのツアー仲間、レバノン人のラマから、
多人数宛てでしょっちゅうメールが送られてきます。
面白画像が殆どですが、今回はお話でした。
(訳は適当なので、ちゃんと読みたい方は下方の「続きを読む」の英文をどうぞ)

*****

ある日、裕福な家のお父さんが息子を田舎に連れて行きました。人々がどれだけ貧しい暮らしをしているか、息子に見せようと思ったのです。
彼らはとても貧しい農家で2日間過ごしました。

旅の帰り道、お父さんは息子に聞きました。
「旅はどうだった?」
「素晴らしかったよ、お父さん」
「人々がどれだけ貧しい暮らしをしているか分かったかい?」
「オーイェ」
「じゃあ話してごらん、この旅で何を学んだか」

息子は答えました。
”僕らは犬を1匹しか飼ってないけど、彼らは4匹飼っている。
僕らのプールは庭の真ん中までの長さだけど、彼らには終わりのない小川がある。
僕らは輸入もののランターンを庭に置いているけど、彼らには夜、星がある。
僕らのパティオは前庭まで、でも地平線全部が彼らのもの。
僕らは大地のほんの一部分に住んでいる、彼らは視界を越える広い土地を持っている。
僕らはservant:使用人を雇っている、でも彼らは(serveして)人の役に立っている。
僕らは食料を買わなきゃならない、でも彼らは育てている。
僕らは自分を守るために、家の周りに壁をめぐらす。彼らには、守ってくれる友人達がいる。”

お父さんは言葉を失いました。
そして息子は付け加えました。
「ありがとうお父さん、僕らがどんなに貧しいか示してくれて」

*****

「他人の芝は青い」ということ?
と思ってしまいましたが、伝えたかったのは
「何を持っていないかという心配ばかりせず、今持っているものに感謝をしよう」
ということらしいです。
つい忘れがちだけど、大切なことですよね。

ところでラマが送ってきた面白画像は、こんなもの。
12.jpg

3.jpg
Perspective

One day, the father of a very wealthy family took his son on a trip to the country with the express purpose of showing him how poor people live.
They spent a couple of days and nights on the farm of what would be considered a very poor family.
On their return from their trip, the father asked his son, 'How was the trip?'

'It was great, Dad.'
'Did you see how poor people live?' the father asked.

'Oh yeah,' said the son.
'So, tell me, what did you learn from the trip?' asked the father.

The son answered:
'I saw that we have one dog and they had four.
We have a pool that reaches to the middle of our garden and they have a creek that has no end.
We have imported lanterns in our garden and they have the stars at night.
Our patio reaches to the front yard and they have the whole horizon.
We have a small piece of land to live on and they have fields that go beyond our sight.
We have servants who serve us, but they serve others.
We buy our food, but they grow theirs.
We have walls around our property to protect us, they have friends to protect them.'
The boy's father was speechless.
Then his son added, 'Thanks Dad for showing me how poor we are.'

Isn't perspective a wonderful thing? Makes you wonder what would happen if we all gave thanks for everything we have, instead of worrying about what we don't have.
Appreciate every single thing you have, especially your friends!
Pass this on to family, friends and acquaintances and help them refresh their perspective and appreciation.
'Life is too short and friends are too few.'
15:06 日記 in Michigan | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。