04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

Little Earthquakes (by Jennifer Weiner)

2008/03/02
英語の本はいつも読んでいるうちに飽きてしまって、
いまも読みかけの本がいくつも転がっています。。。
そんな私にしては、この本は早く読めました。初めから終わりまで、とても面白かったです。

「Little Earthquake」の著者は、
キャメロンディアス主演の映画「In her Shoes」と同名小説の原作者です。
主人公は4人の女性。
彼女達と同じ、30歳前後の既婚女性にとってもおすすめの本です。
表紙のデザインが、どうもハーレクイン系でいただけないんですが。

リアはハリウッド女優でしたが、とある事情で精神を病み、自宅療養中。
ベッキーは医師の夫がいますが、実はマザコン、強烈な姑に悩まされています。
ハーフのAyindy(読めない・・・)は、賢く気高い美女。人気プロバスケ選手の妻。
大手IT系会社に勤める夫を持つケリーは、貧しい家庭に育った背景から、見栄っ張り。
キャラクターの個性の背景には、それぞれに両親の愛情や教育の問題があり、深いな~と思わせます。そんな4人の、出産前後の1年間のお話です。

強い友情で互いに助け合い、
それぞれの問題:出産・育児、仕事、夫の失業・浮気、姑、などを克服し、
成長していく様にはとても感動。でもユーモアたっぷりで、「それキツいわーー」という状況でも、特にベッキーとケリーは楽天的で、爆笑してしまう場面も多々ありました。

英和辞書は10回ほど(イヤもっとかも・・・)使いましたが、
基本は、「分からないところは飛ばし!!」です。
あまりに辞書ひきひきだと、苦痛になってしまいますもんね。

12:44 TV・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
日本で読んでいたあの分厚い本?
面白そうね。
No title
日本は電車の移動が多いから、読む時間いっぱいあっていいよね。
この本は厚さの割には軽いし(ペーパーバック)、字数も大したことないよ。でも表紙が恥ずかしいから、外で読むときは隠して読んでたよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。