08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ハイ・ティ

2008/01/24
デトロイト市長がスタッフと浮気をしていたそうで・・・
この手の話は嫌いです。
せっかくいい仕事をして尊敬を得ていた人らしいのに、残念なことです。

ハイティ2 ハイティ

ところで「ハイ・ティ(High Tea)」に行ってきました。
OCCに通っているお友達が、チケットをとってくれたのです。
OCCでは週二回、料理科の学生によるカフェをオープンしているのですが、それとは別で、2ヶ月に1度「High Tea」が開催されます。

ハイ・ティは名前からして、
アフタヌーン・ティーのように料理が高く積まれて来るに違いない、
と思っていたら違っていて、本格的なコース料理でした
シェフもサーバーも、OCCの学生。
実習なんでしょうね。リーダーのような人が、皆に色々指示していました。

写真左は、私が頼んだ「Pan Seared Halibut(フライパンで焼いたハリバ) Troncon Murat(←訳せない・・・)」。魚の上にキノコ類のはいったソースが乗っていました。魚が柔らかくておいし~。味もよかったです。

右はデザートのケーキ2種。
なぜか3種あるのは、撮影のために友達から1個拝借したものです
美味しかったのですが、ピスタチオのタルトが劇甘。小さかったので完食できましたが。ここで紅茶が飲みたいところですが、いままで飲み放題だった紅茶が、品切れ

そのほか、スコーンも絶品でした。しかーし、
「温かいロシアン・ティールーム・ボルシチ」はーーー。
真っ赤なスープという、見た目のグロさにもひきましたが、
一口飲んで
「うっ。こ、この味は・・・?」
と固まりました。友達に味をみてもらったところ、
「これは・・・・・・・・・オタフクソース??
「それだ~~」
隣で同じスープを飲んでいた女性(日本人)も、ウンウン!と激しく同意してました。
ソース味ではなく、ソースそのものを飲んでいた感じ。
当然しょっぱくて飲めず、具だけを食べました。
この料理だけは、
どうかもう一度レシピを練り直してください、シェフの卵さんたち。

それでも大満足でしたー。
前菜からデザートまで出て、紅茶飲み放題で16ドル。
次の予定は3月20日だそうです。
11:09 食事 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
何だか太りそう。でも楽しそうね!
毎日食べたら絶対太るよ。
でもたまにはいいよね~
スープがオタフクソース??悪いけど,想像して大爆笑しちゃいました。恐ろしい~~でも本当にソース使っていたんだろうか....
>yumi
本当にソースだったよ!まさにソース味。っていうかソース。
オタフクではないと思うけどね。
そして色は真紅。アメリカ人以外、こういう料理は思いつかない気がするよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。