08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

キーウェスト観光

2007/05/27
キーウェストの朝のビーチ。
砂が白く、とても綺麗です。でも人工のビーチなんだそう。
keywest1.jpg

アメリカ最南端(本当の最南端は軍の基地内だそう)の碑でパチリ。同様の写真を撮ろうとする人で行列ができていました。
この海の90マイル先は、キューバ。
アメリカと国交がないので直行はできません。
keywest8.jpg

ダウンタウン。
車は路上のメーター付コイン駐車場に止めましたが、長時間なら普通の駐車場がよさげ。1日10$くらい。
keywest2.jpg

Duval通り周辺はレストラン、ショップがいっぱい。
COACHまでありました。
夜は若者ばかりでしたが、意外と子供連れや老夫婦も多かったです。
ヒスパニック系、黒人(アフリカ系、南米系)が多いマイアミとは違い、9割が白人でした。

Ernest Hemingway Home and Museum
アーネスト・ヘミングウェイ博物館。
この家に30から40歳(←適当です)まで住み、この間に『持つと持たぬと』『キリマンジャロの雪』『誰がために鐘は鳴る』などの作品が書かれたそうです。
keywest3.jpg

館内ツアーもありましたが、
部屋から溢れるほどの人数だったので、私達は個人で。
家と広い庭のあちこちに、ヘミングウェイの飼い猫の子孫がいます。
6本指の遺伝を受け継いでいるとか。
こんなところにも(お土産ショップ内)↓
keywest4.jpg

Mallory Square近くの桟橋レストランで昼食。
空いているテーブルに勝手に座っていいようです。サンドイッチ系の食事にしては料金は高めですが、青い海と空を見ながらの食事は最高。
焼マヒマヒのラップが美味しかったです。
keywest5.jpg

午後は気温が上がり(30℃↑)、日差は肌が焦げそうなほど。
日なたを歩くのはきつかったので、ホテルに戻り昼寝することにしました。その前にパパ・ヘミングウェイお気に入りのバー、
「Sloppy Joes Bar」で一杯(ジュースもある)。
地元客もいるのか、昼もお客さんがいっぱい。
外から見るより入りやすい雰囲気。食事も出来ます。
keywest6.jpg

夕方、空が茜色になる頃、マロリースクエア(Mallory Square)は夕日待ちの人々でいっぱいでした。暗くなってくるまで、露店や大道芸で時間つぶし。
世界でも夕陽が綺麗なところらしいですが、水平線に沈むところは見れませんでした。場所が悪かったのかな。
島が邪魔↓
keywest7.jpg

マロリースクエア近くのキューバ料理店で夕食。
料理はどれもメキシカンっぽかったです。
12:13 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。