07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

カヌー

2009/08/22
ミルフォード(Milford)のProud Lake Recreation Areaにて。
www.michigandnr.com
ここはJBSD(デトロイト日本商工会 )のツアーで紹介されていました。みんなで行くのも楽しそうー。

12時頃、現地にて申込み。
ボートは7時までに返せばいいよ、とのことでした。それで28ドル/隻。曇り空で時折雨がパラパラ、というイマイチな天気のせいか、ボートはいっぱい残っていました。
ミルフォードカヌー1

川へ出てすぐ、ライフジャケットを着用していないことに気がつきました。まぁいいか、ということでそのまま先へ。何も言われなかったので、これは任意のもよう。
↓まずは川上へ。風は順風。
ミルフォードカヌー5

私が前で、ぴろが後ろの席。張り切って漕ぎ出したものの、うちの2人は全く息が合わず、右にガーッと行っては左へガーッと修正、という調子で川を蛇行。枝や茂みに何度も突っ込む。
↓茂みから必死に脱出中。写真撮る暇あるなら助けてくれ~。
ミルフォードカヌー3

自らの下手さをお互いのせいにしてののしり合い。結局、一人ずつ交互に漕ぐことに。しかし「自分のほうが上手い」と言い争いは続く。カヌーは夫婦関係を悪くするアクティビティだよ。
↓人とすれ違うときだけは笑顔で「ハーイ!」。
ミルフォードカヌー4

雨がぱらついて寒いので、1時間で折り返し、元の場所にボートを返却しました。ほんの2時間でも、必死漕ぎをしたので腕がちょっと疲れました。でも楽しかったなー。もっとゆっくり漕いで、途中でお弁当食べたり釣りしたり、、、なんていうのもいいだろうなあ。
後は土曜恒例のゴルフで締め。スコアは相変わらず。
スポンサーサイト
21:14 ミシガン観光 | コメント(8) | トラックバック(0)

ミネソタ旅行(ミネアポリス郊外の観光・2)

2009/08/16
朝からあいにくの雨。気温も昨日よりガタッと落ちて、半袖じゃ寒いくらい。
巨大な公園「Voyageurs National Park」へ。
http://www.nps.gov/voya/index.htm
ボエジャーズ・ナショナル・パークは、Kabetogama Peninsulaという大きな半島がメインで、そこにはムースやブラック・ベア、オオカミなどたくさんの野生動物がいるそうです。でも船やカヤックで行くしかないので、残念ながら私たちは公園の端っこ巡り。

まずは公園の西側の端っこ、Rainy Lakeのビジターセンターへ。
↓ムースの剥製。巨大~。でも公園内のムースは最近、数が減っているそうです。気候の変化が原因らしいけど、調査は今年始まったばかり。
Voyageurs.jpg

ビジターセンターの裏から出ている短いトレイルを歩きました。mosquito repellent(蚊よけ)必須!
蚊が多いし雨もひどくなってきたので、早足で。道は雨でつるつる・ぐちゃぐちゃ。
Voyageurs2.jpg

一旦公園外へ出て、今度はKabetogama Lakeのビジターセンターへ行ってみました。マリーナがそばにあります。ビジターセンターの窓のすぐ外に、ビーバーの巣が見えます。運がよければ、巣のそばを泳ぐビーバーを見ることができるらしい。
この近くにもトレイルがあるけど、雨が更にひどくなったので断念。
kabetogama.jpg

そのまた西にあるAsh Riverのビジターセンターへ。
1935に建てられ、未だ現役のログハウス。他の2つのビジターセンターでもそうだったけど、スタッフは皆、夏場だけのボランティア。ここのビジターセンターにいた人は、フロリダから来ているんだとか。
AshRiver.jpg

公園を出る前に、Beaver Pond Overlookのトレイルへ。
雨は相変わらず激しい。往復0.5マイル程度の短い道だけど、シャツも靴もびちょびちょになりました。こうなったらもう執念だね。
↓Beaver Pond。見晴らしは最高。いかにもビーバーがいそうだけど、Beaver Den(ビーバーの巣)は見当たらず。
BeaverPond.jpg

US53を1時間南下し、昨日の夜通過したOrrという町へ。
53沿いのレストラン「T Pattenn Cafe」でアメリカンなお昼ごはん。お店を出る頃には雨がやんで、青空になりました。
TPattennCafe.jpg

パンフレットで見つけた、「Vince Shute Wildlife Sanctuary」へ行ってみることにしました。アメリカは小さな町でも、意外に立派なパンフレットが用意されていることが多いので、行き当たりばったりの旅にはとっても役に立つ。Vince Shute Wildlife Sanctuaryでは、ブラック・ベアを必ず見ることができるらしい。飼っているのか?餌付けされているのかな。http://www.americanbear.org/
しかし午前中の雨のせいか、行ってみたらクローズ!行き当たりばったりの旅は往々にしてこういうことが起こる・・・。

↓近くのPelican Lakeへ向かう。途中の未舗装路。トレイルを走っているみたい。
ミネソタ北部2

↓ペリカン湖。でもペリカンは見当たらなかった。こんなところでのんびり釣りをしてみたい。
pelicanlake.jpg

あとはDuluthへ下りて行くのみ。途中、湖や湿地でちょこちょこ途中下車しながら、空港へ向かいました。レンタルカーを返却、ミネアポリス経由でデトロイトへ帰りました。自宅は深夜着。
ひどい雨に降られたし、よく考えてみたら期待していた動物も殆ど見ていないのに、なぜか大満足の我が家。果てのない緑の効果?
ミネソタ北部湿地2
12:58 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

ミネソタ旅行(ミネアポリス郊外の観光)

2009/08/15
ツインシティから北へ1時間ほど、Hinkleyという町へ。目的はWorld FamousなCarmel Rollがある(←お店のうたい文句)というTobies Restaurant & Bakery。
http://www.tobies.com/
↓ピーカンナッツのキャラメル・ロール。ピーカンが美味しかった。
TobiesHinkley2.jpg

さらに1時間、ダルース(Duluth)を通過。ここにはStillwaterの上下式の橋の、もっと大きいものがあります。高速道路から撮ったのでピンボケ。
duluth橋

ダルースからはスペリオル湖(Lake Superior)沿いに北東へ。このあたりから徐々にまわりの風景が変わってきました。建物が減り、森がちに。アッパー・ミシガンのような感じです。
↓白樺も増えてきた。
白樺ミネソタ

ダルースから1時間、Gooseberry Falls State Park。長いトレイルが用意されているけど、滝までの短い遊歩道だけ歩いてみました。
http://www.dnr.state.mn.us/state_parks/gooseberry_falls/
↓滝つぼで子供達が泳いでいました。
gooseberry_falls.jpg

グースベリーフォールズのすぐ北、Split Rock Lighthouseへ。この灯台の写真は、ミネソタの写真集には必ずといっていいほど掲載されています。灯台へ入れるのは、この日は6時まで。ぎりぎり間に合いました。 ↓崖の下から見たSplit Rock Lighthouse。
http://www.mnhs.org/places/sites/srl/
splitrocklighthouse.jpg

↓灯台そばからの眺め。
splitrocklighthouse2.jpg

さらに少し北上。今日の宿がある、カナダ国境近くのInternational Fallsという町を目指し、北西へ。森の間を4時間半ひたすら突っ走る。こんなルートを考えるのは、ぴろぐらいじゃないのかしら。。。
ミネソタ北部

いつもなら退屈するところだけど、なぜか私は湿地とBoreal Forest(←動物園ゲームで覚えた言葉。寒帯林?)が大好きなので、全く飽きず。ミシガンの自宅周辺にもよくある風景だけど、町なかにあるのと大自然の中にあるのとでは、私の中ではかなり違う。
↓こんな景色があろうものなら、しばし車を止めて双眼鏡で観察。
ミネソタ北部湿地

途中で通過したElyという町では、カヤックのレンタル屋さん、レストラン、お土産屋さんが並び、カヤッキング目当てと思われる観光客で賑わっていました。Elyを過ぎ、高速道路US53に出た頃には、日が沈んで真っ暗。途中通り過ぎる町は閑散として、ガソリンスタンドももう閉まっていました。
夜10時すぎ、ついにInternational Fallsへ到着。バーはダウンタウンにいくつかあったけど、レストランは見当たらなかったので、サブウェイで夜ごはん。。。
11:46 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

ミネソタ旅行(ミネアポリス観光)

2009/08/15
ミネソタはミシガン州のご近所州。ウィスコンシン州を挟んで西に位置します。
飛行機で1時間半。セントラルタイムなので、時差は-1時間。
前日の夜にミネアポリス空港へ入り、レンタカーで近くのホテル「Holiday Inn Express」へ。

ホテルのすぐ近くには、アメリカ最大のショッピングモール「モール・オブ・アメリカ」があります。開店前の9時過ぎ、モールに入ってみました。
↓モール・オブ・アメリカ外観。見るからに巨大。
モールオブアメリカ1

↓モールの中央に、遊園地。営業前の試運転中でした。そして地下には水族館が。小さい子供がいたら、1日遊べそう。
モールオブアメリカ2

どうせ買うものは何もないので、開店を待たずにモールを後にしました。
ミネアポリスの町を車で流し、ミシシッピ川の対岸へ行ってみました。ホテルでもらった地図にあった「Stone Arch Bridge」へ。
↓橋の上から見た、ミネアポリスの町。
ミネアポリス3

↓橋の下からの眺め。橋のそばはFather Hennepin Bluffs Parkという公園になっています。
ミネアポリス2

ミネアポリスを出て、すぐお隣の町セント・ポール(St.Paul)へ。ミネアポリスとセント・ポールはどちらも大きな町で、二つあわせてツイン・シティと呼ばれています。
↓ミネアポリス州議事堂(State Capitol)。中にも入れるようです。
http://www.mnhs.org/places/sites/msc/
Minnesota-State-Capitol.jpg

↓セント・ポール大聖堂(Cathedoral of St.Paul)。旅行者も入ることができます。この日はお葬式が行われていたので中央へは行けなかったけど、グレゴリオ聖歌のやわらかな調べにウットリ。
http://www.cathedralsaintpaul.org/
CathedralofSaintPaul.jpg

↓町からミシシッピ川を見下ろせました。遊覧船やヨットがたくさん見えました。
ミシシッピ川セントポール2

↓セント・ポールにはスヌーピーの銅像や置物がたくさんあるそうです。スヌーピーの作者:チャールズ・M・シュルツさんはミネソタの出身。
ミネソタ町

ツインシティを後にして、車で30分ほど北東のスティルウォーター(Stillwater)へ。Stillwaterは歴史のある町で、ミネソタ発祥の地なんだそうです。目抜き通りはアンティーク・ショップが並んでいました。
スティルウォーター

川沿いの「Charlie's Irish Pub」でお昼ごはんにしました。テラスで川を見ながらサンドイッチを食べていたら、橋のほうから鐘の音が。橋の一部が上に上げられ、その下を船がくぐって行くのが見えました。
スティルウォーター2

ここからは、ひたすら北へ。
10:28 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

デトロイト観光・リバークルーズ

2009/08/09
昨日の豪雨とはうって変わって、今日はいい天気。
かねてから行ってみたかった、デトロイト・リバーのクルーズに行きました。
Diamond Jack's Rever Tours→http://www.diamondjack.com/
ツアーの催行は夏場のみ。この2時間のツアーは1日2便(1:00 3:30)あるようです。

ルネサンス・センターの東のボート乗り場へ。
予約はできないので、先着順に乗り込みます。
デトロイトダウンタウン1

船は船首以外には屋根があるので、日焼けの心配なし。
小さめの船だけど、ゆっくり進むので揺れはありませんでした。
デトロイトリバークルーズ1

デトロイト川沿いの建物などについて、ガイドさんが放送で説明してくれます。デトロイト側は「豪華な建物の廃墟」が多くて、ちょっと寂しいきもち。ゴミが積み上げられた空き地もあちこちに。
デトロイトリバークルーズ2

ベル・アイル(Belle Isle)の脇を抜け、Lake St.Clairの手前でUターン。
青空の下では、川も湖もとても綺麗。水が澄んでいました。
今度はカナダ側をじっくり見物。デトロイト側よりも比較的新しい、手入れの行き届いた邸宅がたくさん並んでいました。
デトロイトリバークルーズ3

船着場を通りすぎ、デトロイトとカナダ・ウィンザーをつなぐ橋:アンバサダーブリッジの下をくぐってからUターン。
デトロイトリバークルーズ5

GMビルとピープル・ムーバー(モノレール)。
右端に写っている船のほうでは、食事つきのリバークルーズを楽しめます。私たちが乗った船よりも一回り大きい。友人の話では、食事はバフェ形式で美味しかったそう。ガイドはなし。
Detroit Princess Riverboat→http://www.detroitprincess.com/
デトロイトリバークルーズ6

船を下りて、川沿いを散歩。
ルネサンス・センターの前では子供達が水遊びをしていました。
デトロイトルネサンスセンタ

空港近くのメトロ・パークWillow Metro Parkでゴルフをして帰りました。
冷夏のミシガンで、今年はじめて「夏らしい」と思える暑い一日でした。
willowmetropark.jpg
10:04 ミシガン観光 | コメント(2) | トラックバック(0)

言語交換

2009/08/03
最近、お友達の紹介で、アメリカ人のカンバセーション・パートナーができました。
彼が私に英語を教え、私はお返しに日本語を教えます。
完全なギブ・アンド・テイクで、
教わるだけじゃないというのがいい点。もちろん無料です。
彼は日本に住んだことがあるそうで、簡単な日常会話ができます。
とても几帳面で真面目そうな静かな男性で、全然アメリカ人っぽくない(奥さんはさらに真面目らしい)。でも話ベタな私にとっては、そのほうが話しやすい気がする。
帰国までに、もうちょっと会話力が上達するといいな。
このシステムは日本にもあると思うので、
帰国したら英語とスペイン語のカンバセーション・パートナーを探そうと思います。

ところで、紹介してくれた友達はとても活動的で、努力家。おまけに社交的。
つまりは私と正反対の性格なのですが、なぜか親しくお付き合いしてもらっています。
私と同じ頃にミシガンに来て、その当時は英語がぜんぜんダメだったのに、
必死に勉強してバイトして、ついには就職先を見つけてしまいました。働く駐妻です。面接をガンガン落とされ凹みながらも、諦めなかったそのガッツが、何よりすごいと思います。
駐妻大学生の方からこのブログにメッセージを頂いたこともあるし、
「駐妻」もやる気さえあれば、可能性は無限大なのかもしれません。
22:01 学校(ESLその他) | コメント(11) | トラックバック(0)

乗馬 (Maybury State Park)

2009/08/01
NorthvilleのMaybury State Parkで、乗馬をしました。
予約は不要で、当日Horse stable(馬小屋)で申込み。
名前や連絡先のほかに、加入している保険の情報なども書く欄がありました。
恐らく「何か起こっても自分で責任をとります」というような内容の項目(←全然読んでいない)に、それぞれイニシャルを記入。

手続きが終わったら、15分ほどして出発になりました。
貴重品は落としたら大変なので、すべて車の中に保管。
horses.jpg

日本でも乗ってみたことはあるけど、係員に綱でひかれて柵の中をぐるっと回るだけだったので、あまり面白くなかった覚えがあります。今回はガイドさんの先導で、各自自分で手綱を握って、深緑の中の小道を1時間も歩くことができました。気持ちよかった!
私の馬はデニーという名前。ぴろのはホーガン。
馬が痛いのではと心配で手綱はあまり引けなかったけど、
デニーはほんの少しの動きでこちらの気持ちをすぐに察知してくれるお利巧さんでした。でも遠慮しすぎたのか、雑草のつまみ食いはなかなか止めてくれなかった(笑)。

Maybury Riding Stable
http://www.mayburyridingstable.com/index.html(申込み用紙Release Formダウンロード可能)
小さなお子さん用には、ポニーライドもあり(囲いの中のみ)。
21:21 ミシガン観光 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。