09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ミシガン大学病院

2008/10/23
ミシガン大病院で、ポリープ除去の手術を受けました。
1時間15分の簡単な手術(除去自体は20分だそう)とはいえ全身麻酔なので、付き添いが必須ということで、出張中のぴろに代わり、友達にお願いしました。
病院4時間(手術前準備、麻酔から覚めるのに時間がかかる)+送迎の運転2時間。
そして術後の夜は一人でいない方が良い、
ということで別のお友達には「泊まったら?」と申し出てもらい。
他にもたくさんの人にお世話になりました。本当にありがとう。。。

とこんなに大騒ぎしたのですが、術後に医師から話を聞いたら、
なんと「ポリープはなくなっていた」とー。
そ、そんなことがあるなら、事前に超音波をして欲しかった。
悪い結果も色々想像していたので、「なくなってラッキー」ではあるんだけど、
「なくなる前に発見されてアン・ラッキー」だったんじゃ、、、という気持ちも、なきにしもあらず。

それにしても、
年齢のせいか、最近何かと体の不調や怪我が相次ぎ、
思わず両親に「厄除け」をお願いしてしまいました。
ポリープがとれたのはそのおかげ??
かどうかは微妙なところなので、近いうちに健康診断を受ける予定です。

私が利用しているのはアナーバーのミシガン大学病院。
高速で30分。もっと近場に病院はあるのですが、ミシガン大学病院には日本人医師とスタッフが常駐していて、診察予約も日本語でOK。
初診の前に、保険の内容を電話で伝えた時は英語だったけど、
その後はもうほぼ日本語オンリーでいけました。

ここから専門医に回される場合、
そちらでは恐らく日本語は通じないと思いますが、
ミシガン大病院の系列であれば、希望すれば無料で通訳をつけてくれます。
たぶん通訳なしでも何とかなるとは思うものの、
いてもらえたら医師の話を100%理解できるし、言いたいことも間違いなく伝えてもらえるので、いつもお願いしています。とても助かっています。

ミシガン大ヘルスシステム
http://www.med.umich.edu/jfhp/nihongo/cl_staff.html
スポンサーサイト
09:49 日記 in Michigan | コメント(6) | トラックバック(0)

ゴルフ

2008/10/18
朝晩が冷え込むようになってきたミシガン、
ゴルフ場は霜でスタートが遅れることが多くなってきました。
この日も少し待機したため、ぴろのイギリス出張のフライト時間に間に合わない!(普通そんなときにゴルフするかね~。タフすぎ)とみんな急いでゴルフ。
何とかギリギリ、18ホール回ることができました。
ゴルフ1018
07:19 スポーツ(ゴルフがメイン) | コメント(2) | トラックバック(0)

リンゴ狩り

2008/10/17
今日はとってもいい天気。気温も暖かめだったので、リンゴ狩りに行くことにしました。
夏に友達にチェリー狩りに連れて行ってもらった、FentonのSpicer Orchards
ショップでピッキング用の中くらいの袋(15ドル)を買い、いざU-PICKへ。
Spicerorchardsリンゴ狩り2

バス代わりの荷車がいなかったので、歩いてリンゴを探してみました。
全然ないーーと思いきや、レッド・デリシャスの列の奥のほうに赤いものが見えた!
小ぶりだけど、立派なりんご。
味見してみたら、歯ざわり・味ともに日本っぽくて美味しい!
Spicerorchardsリンゴ狩り

荷車で連れて行ってもらえる列のほうにも行ってみたけど、酸っぱくて生だと食べにくかったのでやめました。戻ってレッド・デリシャス(←多分だけど)摘みに専念しました。
あっという間に袋はいっぱい。
Spicerorchardsリンゴ狩り3

採れ過ぎて、数人の友達に半ば無理やりもらってもらったけど、
未だうちの冷蔵庫はリンゴだらけです。
両親に買ってもらった「リンゴ切り」を駆使して、頑張って食べています。

夜はアウトバック・ステーキハウス(Outback Steakhouse)で食事。
店から5分の場所に2年も住んでいたのに、行ったのは初めてでした。
一応予約を入れておきましたが、ここは予約した時間の10~15分前に来て名前を言い、呼ばれるのを待つ、というシステム。予約した時間より30分遅れて行ったら、人がいっぱい待っていて驚いたけど、あまり待たずに席に案内してもらえました。
アウトバック

安い割には結構手が込んでいて、美味しかったな~。
米人に人気があるのもよく分かる。また行きたいです。
06:43 ミシガン観光 | コメント(4) | トラックバック(0)

バスケット観戦

2008/10/16
昼間買い物した後、夜はPalaceへ、
Detroitピストンズ対Dallasマーヴェリックス(Mavericks)戦を見に行きました。
ぴろは仕事を抜けられなかったので、3人で。
ピストンズ試合2008秋
シーズン前で、しかも負け試合だったので盛り上がりに欠けたけど、両親は雰囲気は分かった~と楽しんでくれたので良かったです。スター選手をいっぱい見ることができたしね。



06:18 スポーツ観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

ゴルフ

2008/10/15
3人でゴルフショップ巡りの後、会社帰りのぴろと集合、
時折強く降る雨の中でゴルフをしました。
こんな天候でプレーするのは日本人くらいでしょう。
私達4人のほかに、他のプレイヤーは一人も見ませんでした。
おかげで気分的には楽だったけど、いいスコアは出るはずもなく^^;
手が滑って空振り、クラブだけ30ヤード程飛ばすなどというハプニングも。
みんな風邪をひかなくてよかったよ・・・。
ハンターズ
06:05 スポーツ(ゴルフがメイン) | コメント(2) | トラックバック(0)

ケンジントン・パーク(Kensington Metro Park)

2008/10/14
ニューオーリンズから帰ってみると、アパートからの眺めは晩秋の趣き。
短すぎるよ、秋。
ミシガン2008秋

旅行帰りなので、まったり過ごしますか~ということで、ケンジントンパーク。
綺麗な紅葉も探せばまだあります。
ケンジントンパーク2008秋

リサーチセンターの駐車場にいたサンドヒル・クレーン。
警戒心が全然なく、向こうから接近してきました。でもこの後、近づきすぎた母威嚇される。
サンドヒルクレーン

ディア・ラン・トレイルで鹿2頭に遭遇。
ケンジントンパーク2008秋鹿

この後、Howellのアウトレットでお買い物をして帰りました。
05:49 ミシガン観光 | コメント(2) | トラックバック(0)

ニューオーリンズ観光・3日目(最終日)

2008/10/13
泊まったホテル・モンテレオンはNew Orleans老舗のホテル。
思ったよりこじんまりとしていたけど、なかなか快適でした。でも両親が泊まった、通りに面した部屋では、夜遅くまで騒ぐ若者達の声でうるさかったそうです。
ニューオーリンズ5
モンテレオン

カフェ・ベニエ(cafe beignet)で朝ご飯。
サンドイッチ等もあったけど、私はまたベニエを頼んでみました。店の名前になっているくらいだから、さぞ美味しかろうーと思ったけど・・・たまたまかもしれないけど、ちょっと油臭くて△。
カフェベニエ

世界最古と言われる路面電車に乗ってみました。
オーデュボン公園、大学などを眺めながら最終地点へ。このあたりの本屋で、若かりし日のぴろはバスケ雑誌を買い、受け取るのを忘れて帰ってきたそうです。アホだ。 「ずっと君を待っていたんだよ」と、店の奥から古ぼけた雑誌を取り出してくる白髪の店主・・・ってなったら感動だけど、まぁないだろな。
路面電車
ニューオーリンズ11

折り返しの電車に乗り換え、また市内へ。
ぷち・プランテーションのような豪華なお屋敷をたくさん見ました。お屋敷前に、マルディグラのお祭りで投げられるネックレスがたくさん掛かっている木がいくつもあったのですが、何だったのかなあ。
ニューオーリンズ10

フレンチクウォーターをぶらぶら観光。
写真はモナコ王妃となったアリス・ヘインさんの家。
ほかに幽霊屋敷、修道院など外から見て回りました。
ニューオーリンズ12

フレンチ・マーケットで露店の冷やかし。
ニューオーリンズ13

ランチはガンボ・ショップ(Gumbo shop)で。超人気店らしいけど、月曜日だったせいか空いていました。なに食べたか忘れたけど、全部すごーく美味しかったです。
ニューオーリンズ14

ニューオーリンズの旅はこれで終了。
今回は、死ぬ前に一度ニューオーリンズでJAZZを聴きたい、という父の希望で実現した旅行です。去年ミシガンに遊びに来たときには、これまた長年の夢だったというフロリダ州・キーウェストへの旅でした。これでもう、思い残すことはないらしいですが・・・
まあそういわず、新たな夢を見つけて長生きしてね。
23:38 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

ニューオーリンズ観光・2日目

2008/10/12
30℃近くという予報だったのに、今日も予想外に寒い。
思いっきり夏の格好でちょっと浮いていた私です。

朝のジャクソン広場と、広場前の教会の内部。
ジャクソン広場 教会内部

楽しみにしていたカフェデュモンド(Café du Monde)のベニエ。写真は4人分(1人3個)です。
見た目に反して、あっさりして美味しい~。めちゃくちゃ美味しい。
カフェオレのチコリの苦味にもはまりました。
ジャクソン広場前のカフェデュモンドは、空いている席に勝手に座っていくシステムでした。9時には行列が出来ていたので、早めの時間に行くのが良さそうです。でも回転良さそうだけどね。
ベニエ

11:00のリバー・クルーズまで、時間つぶし。
カフェデュモンド・ショップや近くのお土産屋さんをうろうろ。
ジャクソン広場の外周の露店で、記念に小さな壁掛けを買いました。
ニューオーリンズ6

ミシシッピ川・リバークルーズの船はいくつかありますが、私達は一番大きいナッチェス号(Natchez)にしてみました。船着場が広場から近かったし。
時間節約のためランチは船内でとることにし、ランチつきのチケットを購入。
リバークルーズ

乗船30分前に、蒸気オルガンの演奏がありました。
後頭部で聴きながら、露店のペンダントを物色。
リバークルーズ2

人が少なかったので、船内やデッキなど色んなところに座って風景を楽しむことができました。
ナイル川クルーズでも思ったけど、リバークルーズって揺れないし、のんびり出来ていいものだなあ。
でもミシシッピ川岸には、あちこちにカトリーナの痛々しい爪あとが残っていました。
ミシシッピ川はアメリカ最長の川。そういえば、世界最長の川はナイルを抜いてアマゾン川って本当ですか?

ランチはクレオール料理のバフェ。
4人揃ってグルメでないので、「結構いけるね~」とガツガツ。
あとはエンジンルームや船後尾のホイールなどをぶらぶら見て回りました。
リバークルーズ4

1.5時間のクルーズのあとは、レンタカーで郊外のプランテーション巡りに出ました。
プランテーションは、奴隷時代に栄えたサトウキビの大農園。場所は違うけど、「風とともに去りぬ」の世界です。南北戦争で多くが破壊されたそうですが、ミシシッピ川沿いにはいくつか残っています。

1軒目、エバーグリーン(Ever Green)。閉まっていました。
プランテーション1

2軒目に寄ったローラ(Laura)は開いていたけど、先を急ぐのでスルー。歌手ファッツ・ドミノはここの奴隷小屋で生まれたそう。

3軒目、目的地のオークアレイ(Oak Alley)。
ブラピとトム・クルーズの映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のロケ地だそうです。巨大なオーク並木が圧巻でした。
oakalley.jpg

せっかくなのでハウス・ツアーに参加。当時の衣装?を来たガイドが案内してくれます。
内部は思ったより小さかったです。
oakalley2.jpg

最後はノットウェイ(Nottoway)。
今日見た中で一番大きなお屋敷。時間的にツアーは無理だったけど、レストランは入れるかな~と期待したのですが、お屋敷ともに改装中でした。
オープンは2009年1月1日?ホームページを要チェックです。
ノットウェイ

フレンチクウォーターに戻ったときはちょうど夕食時で、あちこちのレストラン前に行列ができていました。Deanies Seafoodも、バーには席待ちの人がいっぱい。でも、ページャー(順番が来ると光ってブルブルするやつ)を渡されたけど、鳴る前に呼ばれました。

ガイドブックで薦められていた「シーフード盛り合わせ(Seafood Platter)」を頼んだら、ハーフサイズにしたのにボリュームすごいし、全部フライだったので母はドン引き。1個1個、衣をはがして食べていました^^;
あとはエビ、ガンボスープ、と何かを頼んでお腹いっぱい。どれも新鮮で美味しかったです。パン代わり?に最初に出てくるジャガイモも美味しかったです。
ニューオーリンズ7

バーボンストリートのJAZZバー(Fritzel's European Jazz Pub)で、生演奏を聴きながら1杯だけ飲んで帰りました。雰囲気あるマダムの歌はとっても良かったけど、演奏はプリザベーションホールのおじいちゃん達と比べると、とても固く感じたな。
ニューオーリンズ8

ニューオーリンズ9

バーボンストリートは今日も大賑わい。でもオフ・シーズンだし、少ない方なんだろうな~。
それにしても、この通りには教育上よろしくないお店がたくさんあります。友達から聞いてはいたけど、ここまでとは思っていなかったのでビックリ。でもまぁ、新宿ほどじゃないけどね。
あっ、その画像じゃなくてごめんなさい。
バーボンストリート2
02:07 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

ニューオーリンズ観光・1日目

2008/10/11
父の長年の夢、ルイジアナ州ニューオーリンズ。
11月まではハリケーンのシーズンなので、フライト予約してからは天気予報にビクビクし通しでしたが、幸い行くことができました。
デトロイト空港からはいい便がなく、現地到着は4時ごろだったかな。レンタカーで市内へ。

ホテル・モンテレオン(Monteleone)にチェックイン後、
まずはぶらぶら、フレンチクウォーターを散策。
カトリーナの爪あとはどこにもなく、通りは活気があってホッとしました。
ニューオーリンズ1

ここへ来たら皆必ず一度は訪れるだろう、プリザベーション・ホール(Preservation Hall)。この”こ汚さ”が何ともいい感じ。オープンは夜なので、夕食後にまた来ます。
preservationhall.jpg

建物を見て歩くのも楽しいです。テラスの飾りは、みんな違うデザイン。
石畳の小道もいい雰囲気だね。
ニューオーリンズ2 ニューオーリンズ3

ディナーは超有名レストラン「アントワンズ」で、と両親から前々から言われていたのに、今日やっと電話したら「いっぱいです」と・・・。申し訳ない。
変わりにここになりました。(Tujague's Restaurant
トゥジャックス

ここも老舗だけど、カジュアルな服装でOKでした。
メニューはクレオール料理のコース1つだけ。飲み物別で確か3~40ドル。アントレー(メイン料理)は4種類から選ぶことができます。せっかくなので、私たちは一人一人違うものをオーダー。
このときはフィレミニョン、魚、クロウフィッシュ(ザリガニ)、あと1つは・・・エビだったかな。
どれも素朴な味わいで、なかなか美味しかったです。
南部料理はスパイスが強いと聞いていたけど、辛くはなかったし。
トゥジャックス2

夜のジャクソン広場をちょっと高台から眺め、
ニューオーリンズ4

再びプリザベーション・ホールへ。8:30ごろだったかな。
もうすでに演奏が始まっていて、店の外まで音が聞こえてきます。長蛇の列が出来るときもあるらしいけど、この日はすぐに入れました。1人10ドル、30分入れ替え制。
preservationhall2.jpg

演奏する小屋は狭く、すぐに満席に。
私達4人は、計らずとも最前列の座布団席になってしまいました。でもさすがに迫力あるー。
私の抱いていたJAZZバンドのイメージそのもの、のおじいちゃん達が登場、いい意味で"のらりくらり"とした歌と演奏を楽しむことができました。
リクエストも聞いてくれます。曲によっては有料。父は、ここで果敢にもリクエスト料10ドルの[聖者の行進](The Saints=正しくはWhen The Saints Go Marchin' In)をリクエスト。やっぱりこの曲が一番盛り上がりました。
The Saintsだけがやけに高いのは、ガイドブックによると「弾きすぎて飽きたから」らしいです。でもバンドのおじさんはとってもリクエスト欲しそうだったし、演奏後、父に「ありがとう、本当にありがとう」と、握手してくれました。いいことをしたね。
preservationhall3.jpg

帰りに併設の売店でCDを購入しました。ジャズのことはさっぱりだけど、記念に。
私が買ったのはPreservation hall jazz bandの「Shake That Thing」。中の写真に、この日見たクラリネットのおじいちゃんが写っていて、ちょっと得した気分。

地元客・観光客で大賑わいのバーボンストリートを通り、ホテルへ戻りました。
バーボンストリートはカトリーナ以前はJAZZバーが多かったらしいのですが、まだ戻ってこれないジャズメンも多いらしく、代わりにロックバンドが増えているそうです。若者はそっちのほうがいいのかな。どこのお店も賑わっていました。
バーボンストリート
23:29 旅行 | コメント(1) | トラックバック(0)

エドセル&エレノア・フォード邸

2008/10/10
お友達の薦めで、ダウンタウンの北東、Grosse Pointe Shoresにある、エドセル&エレノア・フォード・ハウスに行ってきました。http://www.fordhouse.org/
ダウンタウンからは遠くない場所だけど、
この辺りは高級住宅街。古い豪華な邸宅がたくさん並んでいました。

エドセル・フォードは、ヘンリー・フォードの一人息子です。
この家を建てて間もなく若くして亡くなったのですが、奥さんのエレノアさんはそれから30年以上、ここで子供、孫たちに囲まれて生活をしました。
edselfordhouse.jpg
Lake St. Clairに臨む、60もの部屋を持つ大豪邸。豪華ながら落ち着いた雰囲気のインテリアは、ため息が出るほど素晴らしかったです。ゴッホやルノワールなどの美術コレクションは、夫人の遺志で美術館に寄贈され、現在飾ってあるのはレプリカです。DIA(Detroit Institute of Arts=デトロイト美術館。)に行けば、それらの作品の本物を見ることができます。
アンティークな家具はそのまま残されています。

建物内はガイドつきツアーで回りますが、広大な庭は自由に歩くことができました。
湖の水平線(海みたい)を見ながら、緑の芝をのんびり散策。

dartydogjazzcafe.jpg
その後、Kerchevalストリート沿いの小さな町で、早めの夕食。
ここもお友達に教わったお洒落なJAZZバー。6時からはJAZZの生演奏があるそうです(10$チャージ。演奏は曜日による?)
12:04 ミシガン観光 | コメント(2) | トラックバック(0)

両親が遊びに来ました。

2008/10/09
まだ暑い関西から両親が、
ほんのり葉が色づき始めたミシガンへやってきました。
前回は5月初めだったので、全く違うミシガンの美しさに感動したようです。
私も2年前のこの頃、ちょうど渡米してきたんだっけな~。
空港から家へ向かう途中のドライブで、
空の広さ、自然の雄大さ・美しさに、日本で抱え込んでいたストレスが全て開放されていくのを感じたことを、また思い出しました。

時差ぼけ防止にと、まずは恒例のゴルフ。
近所のBay Pointeでハーフを回りました。
私の不調は相変わらずだし、母も父も慣れないクラブで絶不調。
でも美しい自然の中でのゴルフは最高だね~。
BayPointeゴルフ
12:35 ミシガン観光 | コメント(3) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。