04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ミュージカル「ザ・カラー・パープル(The Color Purple)」

2008/05/31
Alice Walkerのベストセラー「The Color Purple」は、
1985年にスティーブン・スピルバーグ監督によってフィルム化されました。
その際、主演はウーピー・ゴールドバーグですが、重要な脇役であるソフィア役はオプラだったそうです。ミュージカルは、そのオプラのプレゼンツ。
映画版は10年前に見たので記憶が定かではありませんが、ストーリーはたぶん大体同じ。でも個人的には、このミュージカル版のほうがはるかにいいと思います。

劇場はダウンタウンのFox Theatre。
いつもは白人・銀髪・地味なジャケット着用のご老人95%のシアターですが、この日ばかりは派手に着飾った黒人の人達でいっぱい。なぜなら、ストーリーはアメリカ南部、黒人の町の物語なのでした。ちなみに黄人は私達以外に見ませんでした。

14歳で父親の子供を産んだCelie(シーリー)。子供は取り上げられる。
そして見も知らぬ男に嫁がされ、最愛の妹Nettie(ネティ)とも離れ離れになってしまう。
夫はCelieをこき使い、暴力は振るい、奴隷扱い。挙句の果てに、町に現れた歌姫Shug Averyが夫の愛人として家に滞在するようになる。しかしCelieは彼女を愛し、やがてその自由奔放さに触発され、ただ従順に耐える自分に疑問を覚えるようになり・・・
ここからが爽快。そして感動!

こう書くと、何だかものすごい話のようですが・・・
初めから終わりまで笑いどころが満載で、明るく爽やかでした。
この感動はとても言葉では表せないのですが、爆笑しながら泣くって、なかなかないんじゃないかなぁ~(笑いすぎて泣いたわけじゃないですよ)。周りの黒人のお客さんのリアクションは、上品な白人のご老人達より派手で、大盛り上がりでした。でも、ぴろの反応はイマイチだったかも。女性の自立がテーマだけに、女性のほうが心に響くものがあるのかもしれません。

残念なことに、カラー・パープルは現在NYのブロードウェイでは公演していません。
でも次回どこかで機会があれば、また絶対観にいきたいです。
スポンサーサイト
12:10 アート(美術・音楽・舞台) | コメント(4) | トラックバック(0)

日本語教授法

2008/05/28
日本語教師のクラスが始まって、はや1ヶ月。
あと1ヶ月で終わりだぁー
と最終日を心待ちにしている私です。。
授業はとても楽しいのですが、きつくて~。
宿題と毎回のクイズ(小テスト)の勉強で、またも寝不足です。
授業のことが頭から離れず、夢でも考えているので、
起きた瞬間に「あー疲れた・・・」とつぶやく毎日。

勉強が進むにつれ、
日本語って難しい~~という思いが強くなってきます。
今日は動詞の勉強をしたのですが、これまた難解で。
例えば、「知る」「見る」の活用は全然違う。
「知る」→「知ります・知らなかった」
「見る」→「見ます・見なかった」
なぜ、「見ります」や「見らなかった」にならないのか。
他にも、なぜ「泳ぐ→泳で」「死ぬ→死で」「話す→話て」と活用が違うのか。

先生は私達が分かるまで熱心に説明してくれ、授業中はいつも「分かったー!」と思うものの、改めて整理してみると、かなり混乱。これをどうやって生徒に教えればいいんだろう?

来月からは、ティーチング・デモ(私達生徒による模擬授業)が始まります。
楽しみな反面、私はやっていけるんだろーかという不安は増すばかり。
でも先生がとても素敵な女性で、あんな先生になれたらいいな~という夢は膨らむばかり(単純)。
優しいけど注意・アドバイスはビシっとしてくれ、質問には即座に答えてくれるし。
でもそうなるには、相当勉強して、経験を積まないといけないんだろうなぁ。

正直、本格的な日本語教師になれる気はしないけど、せっかく苦労して勉強しているのだから、どこかで生かしたいなーと思うようになった今日この頃です。
05:15 日本語教師 | コメント(4) | トラックバック(0)

ピッツバーグ・オハイオ観光・2日目

2008/05/25
○Frank Lloyd Wright's Fallingwater
ホテルを出発、フランク・ロイド・ライト建築の
「フォーリング・ウォーター(Frank Lloyd Wright's Fallingwater)」へ。
ピッツバーグ市内からだと、車で1時間半ほどのところにあります。
fallingwater.jpg

フォーリング・ウォーター(日本だと落水荘)は、
お金持ちのKaufmannファミリーの別荘です。なんと滝の上に家が。
フランク・ロイド・ライトがデザイン、1939年建築。70年も前だけど、現在でさえ、斬新なデザインだと思います。
fallingwater2.jpg

家の内部を見るためには、ガイドつきツアー(30分~1時間)に参加する必要があります。
撮影禁止なので画像なしですが、内部も工夫を凝らしたデザイン。
ここは私はぴろほど興味がありませんでしたが、行ってみたらとても楽しかったです。建築の素晴らしさもさることながら、深い森の中にあるため、空気の美味しさ、鳥の声・せせらぎの音にも癒されました。

予約は電話かオンラインで。
http://www.paconserve.org/


○アーミッシュ地区
Fallingwaterの案内所に併設のカフェでまったりランチ後、あとは帰るのみ~。でもせっかくなので、オハイオの、アーミッシュがたくさん住んでいる地区を通って帰ることになりました。

アーミッシュは、ドイツ系のキリスト教信者の集団。宗教上の理由から現代的な生活を拒み、いまだ16~17世紀頃の服装で、電気を使わず(ガスは使うらしい)、車にも乗らない、という生活をしています。
日本ではハリソン・フォード主演の「刑事ジョン・ブック」でアーミッシュ村が舞台になり、有名になったそうです。オハイオ州のほか、ペンシルバニア州にも多いらしい。

↓Walnut Creekあたりの道では、車道脇を走る馬車を多数目撃。また、白い壁の家のポーチで寛ぐ、アーミッシュ家族の姿も。
アーミッシュ1

↓スーパー「Walnut Creek Cheese」。
アーミッシュのジャムやオーガニック香辛料、肉、チーズなども売られています。
試食してみたら美味しかったので、ジャムとサルサを買って帰りました。
アーミッシュ2

アーミッシュ3

アーミッシュ4

↓店の外には、駐車場ならぬ駐馬車場が。
馬車で買い物に来ているアーミッシュの家族もたくさんいて、とても絵になるので写真を撮りたいところでしたが・・・彼らは別にコスプレをしている訳ではなく、普通に生活しているだけ。カメラを向けられたら嫌だろうなぁ・・・と思い、撮影はしませんでした。

アーミッシュ5

この辺りには、アーミッシュ家具のお店もたくさんありました。彼らの、釘を一切使わないシンプルな木工家具はとても人気で、ぴろの知り合い(オハイオ在住)にも、収集されている方がいるらしいです。
13:53 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

ピッツバーグ観光

2008/05/24
5月の最終月曜日は、メモリアルデー(戦没者の追悼記念日)です。
連休と聞くとじっとしていられないぴろ、今回はペンシルバニア州・ピッツバーグへの1泊ドライブ旅行を計画。日本出張から戻った翌日の出発となったのですが、片道5時間の運転をものともせず。。。信じられないです。

まずはアンディ・ウォーホル博物館へ。
アンディー・ウォーホルの作品より、彼の生い立ちやプロジェクトの紹介が主となっています。アンディは時代の先端を行く、お洒落でクールなアーティストだったらしいです。鼻を整形した、という無駄知識も得られることができました。しかし美術館だと思っていた私達にとっては、ちょっとガッカリ。
アンディ

そしてピッツバーグ市の中心へ。
ピッツバーグは3つの川が合流する「Three Rivers City」。橋がいっぱいあります。
ブルース・ウィリス主演の「スリー・リバーズ」もここが舞台。他に「羊たちの沈黙」や「ロレンツォのオイル」など数々のロケ地となっています。
ところでピッツバーグの市長(Mayor; Luke Ravenstahl)は、何と1980年生まれだそう。若ーい。
pittsburgh.jpg

ピッツバーグ大学、カーネギー・メロン大学の建物が点在する地帯は、美しい歴史的な建物、広大な芝生などがあり、散歩するだけでも楽しめそう。google mapのstreet viewでバーチャル町歩き出来ますので、見てみたい方はぜひ。
↓ピッツバーグのシンボル、Cathedral of Learning(学問の大聖堂)。右は内部。
pittsburgh2.jpg pittsburgh2-1.jpg

今回の旅は、ぴろの母校を訪れる旅でもありました。
↓ここでMBA(経営学修士)を学んだそう。重々しくて緊張しそう~
pittsburgh4.jpg

木陰で一人勉強する人や、芝生で昼寝する人までいて、治安はかなり良さそうです。2007年には"America's Most Livable City"(アメリカで最も住みやすい市)にレートされたとか。
pittsburgh3.jpg

夕食はWalnut St.のタイ料理屋さん「Thai Place(5528 Walnut St Pittsburgh, PA 15232
)」で。3時ごろ昼食にホットドッグ(また・・・)を食べたので、あまりお腹は空いていなかったのですが、ほどよい辛さ加減(10段階の5を指定した)で美味しく、完食。
pittsburgh5.jpg

高級住宅街のSquirrel Hillを車でうろうろしてから、今晩の宿ハンプトン・インへ。
途中、フローズン・カスタード(濃厚アイスクリーム)を買いました。おいしー。
フローズンカスタード
11:09 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカ料理を作る?

2008/05/20
来年は帰国かぁ・・・と思って急にしたくなったことのひとつに、
「アメリカ料理を作る」というのがあります。

もともと料理は苦手というより、嫌い。
栄養バランスがいいので基本は毎日和食を作るけど、
和食はちょこちょこしていて、色も地味目だしつまらなくて。
結婚後の3ヶ月間は、家事に慣れたかったので専業主婦をしていましたが、毎日新しいレシピに挑戦して、同じ料理は全く作りませんでした。っていうと料理好きみたいだけど、これは料理嫌いゆえのモチベーション・キープ法^^;

対して、たまに作る洋食は、作っていて楽しいんだよね。
ミキサー使ったりソース作ったりするのだけは面倒だけど、
ここまでやったら後はオーブンで焼くだけ!
とかいう豪快さが好き。見た目も綺麗なので取り出す時はワクワクするし、洋食には、お菓子作りと同じ楽しさがあるなーと思います。

で、前置きすごく長くなったけど、レシピのサイトを紹介。
アメリカ料理だかヨーロッパ料理だかはよく分からないけど。
作り方は超簡単そうだし、意外にヘルシー。
週1度くらい、取り入れてみようかなーと考え中です。
http://www.epicurious.com/

あと、アメリカに住む人には面白いと思うんだけど、
ニュートリション・データというサイトを発見。
DQのあのアイス、カロリーどのくらい?
など、メニューごとの栄養成分の分析結果を見れます。
とても明るくて見やすいのでお勧め。
http://www.nutritiondata.com/
14:32 食事 | コメント(2) | トラックバック(0)

ベルディ・椿姫(La Traviata)

2008/05/11
デトロイト・オペラハウスにて。
La Traviataの意味は、wikiによると「道を誤った女」ですが、日本ではなぜか「椿姫」です。
detroitopera.jpg

椿姫は私が長年観たかったオペラです。日本人に大人気らしいですが、米人にもやっぱり人気らしく、いつもよりチケットが高くて人も多かった気がします。

ストーリー的には、ベルディのオペラ版よりもデュマ・フィス原作の小説のほうが好きですが、マルグリット役の女性が素晴らしい声で、鳥肌たちまくり。曲自体に見せ場が多いせいもあると思います。ぴろでさえダイジェスト版(←邪道)CDが欲しいと言っていました。
全曲入ったCDを買ってあげようと思います。
06:18 アート(美術・音楽・舞台) | コメント(4) | トラックバック(0)

シカゴ旅行・2日目

2008/05/04
ダブルトゥリーはいいホテルでした。ヒルトン系だしね。でも朝ご飯の和洋コンビネーション・バッフェは、品数が少なかった(←あってもどうせ食べないくせに)。

ダウンタウン内の怪しげな駐車場(すごいボロボロで暗くて怖かった)に車を止めて、まずはミントチョコレート屋さん「ファニー・メイ」へ。
前回のシカゴ旅行で偶然ふらっと立ち寄ったお店ですが、お友達に借りたガイドブックを見ると、老舗の有名店らしい。お安くはないので、小さな箱のみ買いました。12 OaksのMacy's3階にも、小袋タイプは売っているらしいです。

○シカゴ美術館(The Art Institute of Chicago)
朝食後は今回の一番の目的、シカゴ美術館のエドワード・ホッパー展へ。
どの絵も”孤独・倦怠感”を感じさせるのが特徴。何でこんなに惹きつけられるんでしょうね。皆どこかに孤独を感じているのかなあ。
nighthawks.jpg

特別展のチケットで、Winslow Homerの特別展示も見ることができました。アメリカ人にはそっちのほうが人気でした。常設展は好きなところだけ見て(でもすごく広い)終了。


お昼ごはんはホット・ドッグ。マック50周年記念店のすぐそばにある、ガイドブックにも掲載の有名なお店らしいのですが、シカゴまできてお昼ご飯これだけかー・・・・・・・・・・・・・。
chicago5.jpg


○シカゴ現代美術館(Museum of Contemporary Art)
高級ブランド店が並ぶマグニフィセント・マイルの1本東側の道沿い。
家の一部を切り取った作品がいっぱいありました。面白いけど、なんだかねえ。
↓館内の階段。
chicago6.jpg

帰り際、ぴろがなんとか歴史地区(忘れちゃった)を見たい、というので行って見ましたが、どなたかのお屋敷がぽつんぽつんとあるだけなので、車で流すだけで終了。帰途につきました。
13:40 アート(美術・音楽・舞台) | コメント(2) | トラックバック(0)

シカゴ旅行・1日目

2008/05/03
2度目のシカゴ旅行です。
前回は途中の大渋滞で5時間以上かかったのですが、今回は4時間で到着。
まずは前回入れなかった(駐車場が満車でね)、シェッド水族館へ。

○シェッド水族館(Shedd Aquarium)
正面入り口はチケット購入の長蛇の列でしたが、建物の右脇にある地下の入り口は空いていました。
shedd.jpg

80年前にオープンした、歴史ある水族館です。
でも中はとても綺麗で、展示も何かと工夫されていて面白かったです。
shedd3.jpg

コモドドラゴンの巨大さにアメリカ人も釘づけ。これは特別展かも。
shedd2.jpg


○フィールド博物館(The Field Museum)
フィールド博物館は水族館のすぐそば。これまた巨大な博物館です。人類学と地質学関係のコレクションだということですが、その半端じゃない数には度肝を抜かれます。
chicago2.jpg

恐竜や植物、宝石類、エスキモーの生活用品など、その充実度には驚くばかり。こんな超本物っぽい剥製のコレクションも、呆れるほどずらーーーーーーーっと。いや本当に素晴らしいです。
chicago3.jpg

友人から、「ひよこの誕生を常に見られるところがあるらしい」と聞いて探して見たのですが、見つからず。借りたガイドブックをよくみてみたら、この博物館ではなく、科学産業博物館のほうでした。アホだね。

締めはミツワの山頭火で。
麺は好みではないけど、やっぱり味は最高ー。
ここで、閉店時間を過ぎてもお店が営業している・・・?と思ったら、時差1時間を完全に忘れていたのでした。博物館で、閉館しちゃう~っと走り回ってたのに・・・。アホアホ。
仕方ないので三省堂で立ち読みした後(買え!)、ダブルトゥリーホテルにて就寝。
12:57 アート(美術・音楽・舞台) | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。