10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ロックダウン

2006/11/30
今日は朝から学校のドアは全てロックされていました。
校舎の入り口だけでなく、ひとつひとつの教室のドアもすべて鍵がかけられ、生徒が出入りする際には先生が中からいちいち確認し、ドアを開けていました。

どうやら学校の近くで、武器を持った男がガソリンスタンドに押し入り、犯人はまだ逃走中だったらしいのです。外から教室内が見えないように、窓のスクリーンも全て下ろされていました。
しばらくしたら校内放送で「安全が確認されました」と連絡が入ったので、犯人はつかまったのかな?(未確認)

私のESLの初日には火災避難訓練があったのですが、
その他に「暴漢が学校に入ってきた際の避難訓練」もあるらしいです。
教室内の電気は消し、ドアを中からロック、
全員で廊下側の壁ぎわ(ドアのガラス窓から中を見ても見えない位置)に移動して、息をひそめるというもの。

アメリカでは学校での銃乱射などの犯罪も多発しているし、そういった訓練は笑い事にはできないよね。アメリカの暗い面を、ちょこっと体感してしまった1日でした。
スポンサーサイト
10:27 学校(ESLその他) | コメント(3) | トラックバック(0)

お休み

2006/11/28
今日は頭痛がひどかったので、ESLはさぼっちゃいました。
午後から良くなったものの、何にもやる気が出なかったので
家でゴロゴロしていました。

たまには(?)こんな日もいいよね~。
10:24 学校(ESLその他) | コメント(1) | トラックバック(0)

New York観光 最終日

2006/11/25
skate.jpg

旅行の最終日は、マンハッタン観光。
ロックフェラーセンター前のクリスマスツリーは、飾りつけは終わっていたものの、点灯は29日とのことでした。ツリーの前にあるスケートリンクでは、親子などがスケートを楽しんでいました。

wall.jpg

地下鉄でロウアーマンハッタンに向かい、ウォール街を歩いてみました。休日なのでビルは閉まっていたけど、観光客はいっぱい。

そしてグラウンド・ゼロへ。あのワールドトレードセンター跡地です。今は建築中で、地盤の補強をしています。
メモリアルの写真や絵などがたくさん貼ってあり、多くの観光客が訪れていました。
911は、テレビで見ていただけの私にでさえ、衝撃的な出来事でした。あの光景、あの音・・・。アメリカ人にはどんなにショックだったことか、想像もつきません。でも、早くイラクに秩序を取り戻してくれますよう。簡単ではないんだろうけど。

すぐそばには「センチュリー21」という激安ディスカウント店があります。そこで家族へのクリスマスプレゼントを買いました。ブランド品でも50%で売っています。そんなにすごいものはないけど、たまに掘り出しものがあるという噂。

そこから徒歩でソーホーをぶらぶら。

soho1.jpg

ソーホーは芸術家の卵たちが住む町。おしゃれな雑貨屋さんが、石畳の道沿いに連なっています。最近はこのあたりも人気が出て、高級住宅地になりつつあり、芸術家たちはさらにはずれの方へ移っているとか。
でも落書きはビルの壁にたくさん残っています。

soho2.jpg

帰りの飛行機は出発が2時間遅れたものの、無事帰宅。
NYはアート(パフォーミングアートを含む)に興味のある人にとっては天国ですよ~。デトロイトに来たら、ぜひ行って欲しいところ。もちろん私も一緒に連れて行ってね。
08:48 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

New York観光 5日目

2006/11/24
サンクスギビングの翌日は、全米のお店で大セールが行われます。
店によっては朝の5時からオープンするところもあるとか。モールには駐車待ちをする車の、長蛇の列ができるそうです。

5th.jpg

が、私達はセールスとは無縁の「コーチ」や「エルメス」などのお店にしか寄らなかったので、どの程度の安売りが行われていたのかは分からずじまい。特に欲しいものもなかったから別にいいんだけどね。
コーチで姉に頼まれていたバッグを購入。エルメスではこれまた頼まれていたバッグを探しに寄ったけど、人が多くて断念。

rent.jpg

屋台でギロ(ナンに肉と野菜をはさみ、ソースとヨーグルトをかけたもの)を食べ、急ぎミュージカル「RENT」の会場へ。これは観る予定はなかったんだけど、朝TCKTSに寄ったら売り出していたので、思わず買ってしまったのでした。
時間ぎりぎりで入場。RENTを観るのは2回目なんだけど、あのパワーは何度みてもいい!ただ、オリジナルメンバーのほうが声はよかったと思う・・・。空席があったし、ちょっと気になるところ。
ストーリーは、ミュージシャンやダンサーなどの芸術家達が、貧しさやエイズで苦しみながらも夢、友情、愛にひたむきに生きる姿を描いたもの。昨年映画化されています。

夜はまたミュージカル(観すぎ)、「CHICAGO」。
曲はジャズのような感じだったので好みではなかったけど、鍛え上げられた体のダンサーの踊りはとてもかっこよい。これも必見かも。
映画版よりも笑えます。

この旅行で、4つのミュージカルと1つのオペラを観ました。
浪費しすぎ~~
07:43 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

New York観光 4日目

2006/11/23
11月4週目の木曜日である今日は、感謝祭(Thanksgiving Day)。
1620年にイギリスからメイフラワー号でやってきた清教徒たちは、病気や飢えで何人も亡くなりましたが、インディアンに農作業を教わり、ようやく生き延びることができました。翌年の収穫期にそれを神に感謝する宴をインディアン達とともに祝ったことが、今の感謝祭の起源だそうです。
アメリカ人はこの日は一家が集まり、再会と1年間無事に過ごせたことを祝って、七面鳥などのご馳走を食べるらしいです。

parade.jpg

この日は各地でパレードが開催され、
マンハッタンでは巨大な風船のパレードが、ちょうどホテルの近くも通るということで見に行ったのですが、あいにくの雨。
みんな背が高い上に傘を差しているため、あまりよく見えませんでした。おまけにとても寒かったので、20分ほどで撤退。でもピカチューやスポンジボブなど見れました。(写真はスクービードゥ)

station.jpg

お昼はぴろのお友達(日本人・NY赴任中)と会って、チャイナタウンへ。市内の殆どの店は休業か、夕方には閉まってしまうけど、ここはさすがに通常営業の店が多かったです。連れて行ってもらったのは小さな店だったけど、小龍包などとてもおいしかった。店の名前忘れました。
リトルイタリーでデザートを食べた後、
グランドセントラル駅構内のマイケル・ジョーダンのお店で一杯し、お友達とはさよならしました。

phantom.jpg

今晩のイベントは、この旅行のハイライト(私にとってだけど)「オペラ座の怪人」。ついに観る事ができました。このミュージカルは人気があるので、多分まだTCKTSでは買えません。私達はインターネットで予約していきました。

歌も舞台も会場も期待以上に素晴らしくて、感動。もう一度観たい!
上の写真は舞台が終わった後に撮ったもの。ファントムが観客に寄付を呼びかけているところです。

phantom2.jpg

06:32 旅行 | コメント(3) | トラックバック(0)

New York観光 3日目

2006/11/22
ぴろは夕方まで仕事のため、今日はNY一人旅。

まずはブロードウェイ・ミュージカルの当日券を買いに、10時にTCKTSへ。15分並んだのち、「へアスプレー」のチケットをゲット。
そして更に、今晩のオペラのチケットを買いに、地下鉄でリンカーンセンターへ。インターネットで購入すれば早いんだけどね。

subway.jpg

そこから徒歩でセントラルパークを横切って、ホイットニー美術館へ。
ここは写真は撮れなかったんだけど、現代美術がテーマで、ウォーホル、ホッパー、オキーフなどが目玉です。今回はオキーフはなくてピカソとその弟子?の絵が主になっていました。他にも斬新な作品がたくさんあって面白かったです。2時間ぶらぶらしていました。

ミュージカルの時間(2:00)が迫ってきたので、地下鉄を乗り継ぎ、タイムズスクエアへ。ランチはパラマウントホテル横の小さなイタリアン・ピザ屋さん。美味しかったです。レジのおじさんに「ヤング・レディー」と呼ばれたので気を良くしながら、巨大な1切れを平らげました。

「ヘアスプレー」の会場はニール・サイモン劇場でした。ニール・サイモンが買収したのでその名前になったらしいです。
劇は60年代のボルチモアが舞台。太めの女子高生トレーシーが、TVの人気ダンス番組のレギュラーになるという夢を実現させる話です。黒人差別に触れながらも、明るく楽しいミュージカルでした。かなり笑えます。
ただ全部英語なので(当たり前)、たまに聞き逃して笑えなかったのが残念。

opera.jpg

夜のオペラは8:00から。仕事帰りのぴろも合流。
今日は「トスカ」でした。一度観たかったので嬉しかったです。
ストーリーは"動物のお医者さん"という漫画に描かれていたとおり。
安い席なので大分上の階だったけど、ちゃんと全体が見えるし、
各席には英語の字幕も出ました。(歌と台詞はイタリア語)
でも声はこころもち遠かったような気が・・・。

終わった後、タイ料理「LITTLE BANGKOK」で夕食。
これまた安いのに本格的で、非常に美味しかったです。
ホテルに到着したのは12時過ぎでしたが、
NYは眠らない街。まだ大勢の人が出歩いていました。



ブロードウェイミュージカル当日半額券:55$
メトロポリタンオペラ・バルコニー席:65$くらい
LITTLE BANGKOK:261 West 54 St. off 8th Ave.NY

21:41 旅行 | コメント(4) | トラックバック(0)

The Inheritance

2006/11/22
「The Inheritance」

出演:Cari Shayne、Brigid Brannagh
原作:Louisa May Alcott(若草物語の作者)
1997年TV


ドラマ。
1840年代のオルコットの「The Inheritance」が原作。
美しい孤児イーディスは、ある心優しい富豪に娘の話し相手(?)として雇われながらも、家族同様に愛されていた。主人公の人間離れしたパーソナリティ、身分違いの愛、妬み、陰湿なイジメなど、ベタなエピソード満載。果てしなくロマンティックで、エミリー・ブロンテの小説っぽい流れ。でもこの時代のこの手の話、実は大好きなんである。

ぴ評価:★★★★☆
07:30 TV・本 | コメント(1) | トラックバック(0)

New York観光 2日目

2006/11/21
ぴろの出張にくっついて、ニューヨークへ来てしまいました。
昨晩遅くにニューヨークへ到着。

ぴろは午前中は仕事のため、私はその間一人でMOMA(The Museum of Modern Art )へ。ホテルからは歩いて行けるので便利。

MOMA

7年前に訪れた際には、ルソーやマティスなど、作品の多くが改装中だか何かで見れなかったのですが、今回はちゃんと見ることができました。
常設の作品は写真も撮れます。

picaso

しかし何と言ってもピカソ。色使いは私には到底真似できません。絵画の道に進まなくて良かったとつくづく思いました。

お昼ごはんは、ぴろと合流後、
NY名物のベーグルを食べに行きました。どのガイドブックにも載っている有名店「ESS-A-BAGEL」へ。

bagel.jpg

ベーグルは横半分に切り、クリームチーズや野菜、ハムなどをはさんで食べます。注文は私には難しかったので、珍しくぴろがやってくれました。具の種類は2~30あったと思うけど、初めてなので、スタンダードに「クリームチーズ&サーモン」と「パストラミビーフ&マヨ&マスタード」。
どちらも素晴らしくおいしかったです。でも巨大なので、女性には1/2個で十分といった感じ。

美術館ショップや本屋などで買い物をした後、
夜はぴろの友人の中国人女性とその娘(ミンディ10歳)と食事。
チャイナタウンの「Joe's Shanghai」へ。どの料理もとてもおいしい!どちらかというと上品な味でした。中国人よりも、白人のお客さんのほうが多かったです。

ところでミンディは殆どアメリカで育ったため、英語がとても上手。お母さんもかなり流暢に話すのですが、娘にしょっちゅう間違いを指摘されていました。
ぴろ達が会話している間、私はミンディに英語を教わりました。
おかげでいくつかボキャブラリー追加できたよ。

滞在:シェラトンホテル(7th Ave.)
その他行ったところ:本屋、NBAストアなど
09:34 旅行 | コメント(2) | トラックバック(0)

ペットショー

2006/11/19
近所のrock financial showplaceという催事場で、
ペットショーを開催していたので見学してきました。

pet.jpg

巨大な会場の中には、さまざまな種類の犬・猫・鳥・爬虫類の展示や、
ペットのグルーミング・育て方などを教えるブースがあったり、
各種ドッグショーなどが開催されていました。

私たちが行ったときには、ちょうど
「スプラッシュ・ドッグス」というショーをやっていました。
犬が一匹ずつジャンプ台からプールへジャンプし、その距離を競うというもの。
喜んでジャンプする犬はあまりいないようで、なかなか距離が出ていなかったものの、中には大ジャンプする犬も。拍手喝采を浴びていました。

そのほか、会場内にはレスキュードッグというブースがいくつもありました。「救助犬」かと思ったら、どうやら捨て犬などの里親を探すものらしかったです。
犬たちもよいクリスマスを迎えられますように。


America's Family Pet Expo
10$(Kroger、ホームページで割引)
年2回開催?
14:41 ミシガン観光 | コメント(1) | トラックバック(0)

NBA観戦(PISTONSvsROCKETS)

2006/11/18
デトロイト・ピストンズ対、ヒューストン・ロケッツの試合を観にいきました。場所はダウンタウンの北、「THE PALACE OF AUBURN HILLS」。自宅から車で30分。

席は残念ながら、一番後ろの席でした(+_+)。
そんなに大きな会場ではないので、肉眼で背番号は見えたけどね。
でも選手の巨大さなどは、よく分からなかったです。
一度、間近で見てみたいな。

basket1.jpg

ヒューストン・ロケッツの姚明 (ヤオミン) も出ていたので
双眼鏡でじっくり見ました。10等身以上ありそうでした。
ヤオミンは他の選手と比べても、明らかに背が高い。
この試合でも大活躍で、
ミシガンダー達のブーイングを浴びていました(笑)

試合そのものも面白かったけど、
休憩時間にはちょっとしたイベントがいっぱいで、
観客のノリの良さもあり、大いに楽しめました。

例えば、ドミノピザがスポンサーのひとつになっているようで、
「ピザを無料で食べられるのは誰だ!」
というアナウンスとともに、ピザの箱を持ったスタッフ数名が
観客席を走り回ります。
ギャーーー!!っという悲鳴をあげて、注意を引こうとする観客たち。
ピザ1枚に、なぜそこまで興奮する。
多分ピザそのものより、お祭り騒ぎが大好きなんだろうなあ。

basket2.jpg

試合の結果はピストンズの快勝。
気持ちよく帰宅することができました。

あと、隣に座った日本人夫婦とおしゃべりも出来ました。
その人達はもう10年ミシガンに住んでいるとか。
うらやましいなぁ~。
14:37 スポーツ観戦 | コメント(2) | トラックバック(0)

今日のニュース

2006/11/17
今日は一日中引きこもっていました。
喉がまだ治らないしね(言い訳)。

例によってTVをずっと観ていたよ。
USAでもPS3が発売になったようで、各地で混乱が起こっていたようです。将棋倒しのほか、
開店前に並んでいた人達が金品を巻き上げられ、
抵抗した人が撃たれたとか。命に別状はないらしいのでよかったね。
あとは、
ウォルマートで客の行列がBB弾で狙撃されたとか。
これは何だかおかしくて笑ってしまいました。

「TOMKAT」←トム・クルーズとケイティ・ホームズのことらしい・・・
の話題も各局で取り上げられていました。
今週末にイタリアで挙式だそうで。お幸せに。

私は前妻の二コール・キッドマンが好きなんだけど、
最近見ないなぁ~。
ということで、シャネルのCMを引っ張り出して眺めていました。
やっぱり凄く綺麗だし演技がうまーい。

▼シャネルNO.5コマーシャル(Youtube)▼
ストーリーは『ローマの休日』と同じです。
http://www.youtube.com/watch?v=yTO4FHf8MBs


【セリフ】
※間違いあると思います。見つけたら教えてくださいませ※

Man: when did I wake into this dream?
I must have been the only person in the world
who didn't know ...who she was.
But my world would never be the same again.

Nicole: "Drive."

Man: When she came into my life.

Nicole: "It's beautiful here."
"Everything seems so peaceful."

Man: "Who are you?"
Nicole: "I'm a dancer! I love to dance!"

Man: Didn't matter.
I knew she was to me.

Man: "Come with me"
Nicole: "I love you."

Agent: "You must be there tomorrow."
Nicole: "I don't care about tomorrow."

Nicole: "No one can steal our dream. No one.
...Good bye."

Man: And then, she was gone.

Man: Has she forgotten?
I know.
I will not.
Her kiss, her smile,
her perfume.
08:34 TV・本 | コメント(0) | トラックバック(0)

TVとインターネット

2006/11/16
アメリカのインターネット環境は、日本と比べてかなり遅れています。
ケーブルTVの普及率が高いことが原因なんだろうな。
料金と速さは、日本のCATVと同じくらいだと思います。
それ以上の速度は望めないみたい。少なくともこの地域では・・・。
うちもBrighthouseというケーブルに加入しています。
まぁ普通にネットするぐらいなら問題ないのだけど、
私みたいにオタク気味な使い方する人だと、かなりストレスかも。

でもこっちのCATVは、日本と違ってチャンネルが山ほどあって楽しい!
普通の契約で、100CH以上は見れるもんね。
映画も日本未公開のものもたくさんあるので、私にとっては天国。
もちろん英語なので、理解率は低いんだけど、
それでも毎日1~3本観てしまう。

他にも面白い、というか物珍しい番組がいっぱい。
毎回2人組の男性が、空き巣に挑戦する番組とか。もちろん家の持ち主の了解はとっているんだけど、家人が全て外出するのを陰で見ているところから、窓を割って侵入し、置物などバリバリ壊しながら乱暴に金目のものを奪っていくところは、すごくリアル。Discovery Channelなので日本でも見れるのかな?
▼番組HP(It Takes a Thief)▼
http://dsc.discovery.com/fansites/ittakesathief/ittakesathief.html

あとは、ブラインドデートの番組とか。
日本とは違い、アメリカでは男女の出会うきっかけとして普通に健康的に行われているみたいなので、それ自体は不思議ではないんだけど、
番組のカップルはレズビアンだったのには驚きました。

子供用のアニメは、日常英会話の勉強によさそう。
聞き取りやすいし、移民の子供たち向けなのか、子供がよく使う言葉(Cool!みたいなの)、スラングなども意図的に盛り込まれているのもあって面白いです。

日本の番組を放映しているTV JAPANも契約しているけど、ぴろがたまに観るくらいで、あまり出番はないです。演歌やドラマ(火曜サスペンス系)もやっているんですもん。日本でも見なかったですからね・・・。

そういうわけで、
いま私の興味は、PCからTVに向いているのでありました。
(どっちにしても自慢できないし↑)
09:11 TV・本 | コメント(1) | トラックバック(0)

アメリカの生活は太る?

2006/11/15
渡米前、アメリカでは太るだろうな~と覚悟してきましたが、
私の場合はこの1ヶ月でやせました。
特にダイエットしているわけでもないんだけど。

いくつか思いつく理由は、

1.ぴろの帰りが早いので(通勤時間15分だからね)、夕食を早めの時間に食べられる。

2.外食はどう頑張っても完食できない量なので、早めに諦められる。

3.おいしいお菓子がない。

4. ストレスがない。

などなど。
太って着れなかった服も、一応持ってきておいてよかった☆

それにしても、このあたりのアメリカ人は太りすぎだと思う・・・
中年層に至っては、日本基準だと9割以上が肥満体に見える。しかも日本じゃ有り得ない程のごっつい太り方。絶対健康には良くない。
社会問題にもなっているらしいけど、
高カロリー食品を大量に食べ、
砂糖いっぱいのドリンクを飲み放題の生活を続ける限り、
事態は改善されることはないかと・・・。
05:28 日記 in Michigan | コメント(1) | トラックバック(0)

滞在1ヶ月。

2006/11/13
デトロイト郊外での生活を始めて、今日でちょうど1ヶ月が経過。
日本で考えていたよりもはるかに快適だし、楽しい毎日です。

でも、最初の2週間はちょっと大変だったかなぁ。
何が一番大変だったかというと、
ぴろからの「早く慣れろ今すぐ慣れろ」という無言のプレッシャー。
支払いやオーダーなど、わざと助けてくれないのね。
「何て言ったらいいの?」と聞いても教えてくれない。いじわる。
いつか見返してやると心に誓いつつ、
めちゃくちゃな英語で頑張りました。

だけど、自分でマネージして
要求が通じた時は、ちょっとした達成感!
子供の"初めてのお遣い"のレベルだけどねえ。
家から10分の店まで運転して、
目的のものを手に入れただけで
「俺はやったぜ!」
と喜んでいる毎日。

IMG_0825.jpg


本日の収穫は、ESLへの途中にあるCVS Pharmacy。
3日前から腫れた扁桃腺にきく薬を探しにいきました。
写真の液体は、うがい薬と思って購入したんだけど、
説明をよく見ると、どうやら飲み込むもの??
においはジェリービーンズのLICORICE味(激しくまずい)っぽい。
ぅぇ~っとなりながらも飲んでみると、
あら不思議、飲んだ瞬間に痛みが緩和されました。

薬なのに説明が少ないなと思ったら、
ラベルをはがした裏に詳細が書かれていました。分かりにくいー。
記載されている摂取量も1日なのか1回なのか分からないけど、
「NIGHT TIME」という商品名からすると、
就寝時に飲むものなのか・・・?

体をはった試行錯誤はまだまだ続きそうな予感。
13:23 日記 in Michigan | コメント(0) | トラックバック(0)

Olive Garden(イタリアン・ファミレス)

2006/11/12
本日のランチは、野菜が新鮮という噂の「Olive Garden」へ。
NOVI RDの本屋さん(Borders Books)のすぐ近くだ。
イタリアンの、ちょっと小洒落たファミレスといった感じのお店です。

1時すぎに行ったら店内は満席。
円盤型の装置を渡され、それが光ってブルブル振動するまで待機。
20分ほどで順番がきました。

飲み物、サラダ、スープ、クリーム味のパスタと
4種類のトッピングを選べるピザを注文。
日本人2人にはやっぱり量が多かった。

サラダ、飲み物はリフィル可だそう。
無料なのかな?それとも料金追加されるのか?
たぶん無料だろうけど。
どちらにしろ満腹で死にそうな程の量(結局残した)だったので、
お代わりは断っちゃいました。

味はまぁまぁ、だったけど、
トッピングのイタリアンソーセージだけは、次回は選ばないと思う。。
でも全体的に、
見た目はアメリカ料理より手が込んでいるし、
従業員も愛想がよかったです。

▼Olive Garden▼
http://www.olivegarden.com/default_f.asp
10:31 食事 | コメント(0) | トラックバック(0)

ESL初日。

2006/11/08
初授業の日!
朝は道が込むということを忘れていたので、3分ほど遅刻。
でもマリリンが笑顔で迎えてくれました。

既に教室は生徒でいっぱい。20人以上はいたかな。
10人ほどが30~40代の日本人女性。あとはロシアのおじいちゃん達、イランのおじちゃんおばちゃんが数人。若いブルガリアの男性と、ロシア系?の美女、という構成。

2時間半の授業の前半は、前日の下院中間選挙をうけて
「投票の仕方」を教わりました。このあたりの地域は、マーキングシートの投票用紙を使うそうです。用紙のサンプルもらったよ。

選挙の結果は共和党の惨敗。大きな原因はやはりイラク戦争とか。
2年前に気づくべきだよアメリカ人。
次の大統領選までここに滞在できたら嬉しいな。
市民権がないから投票できないのが悔しいけど・・・。

授業ではイラク人のおじさんがブッシュ批判&フセイン擁護の熱弁を奮っていました。おばちゃんたちは自由に世間話を始めるし、ロシアのおじいちゃんは宗教の話になると燃えるらしい(しかも自国語)。
日本人はもちろん清聴。
でも、若い世代は国籍を問わず静かだった気がするな。
きっと中年パワーは人種を問わず無敵なんだろう。
(自分は中年じゃないらしい)

日本人の奥様たちと会話することもできたし、
とても楽しい1日でした。

今日の残念な出来事は、
帰宅後、水道が出なくなったなぁと思っていたら、
1Fが水没してたこと。びっくりしたね。
でもここアメリカでは日常茶飯事らしい。
写真撮っておけばよかったなぁ。
20:01 学校(ESLその他) | コメント(0) | トラックバック(0)

船便到着

2006/11/07
9月末に発送した引越し荷物がようやく到着しました。
渡米した当初は、アメリカの生活用品の使い勝手の悪さに
キレかかったけど、1ヶ月も過ごせば慣れてしまうもの。
ダンボール30個いっぱいに詰め込んだ
「あれば便利なもの」は、今や「なくてもいいもの」に。

でも嬉しいものもあるよ。
米のくっつかないしゃもじ、小皿・小鉢などの和食器。
日本製のタオル、洗濯ネット。
タオルケットと枕。
ぴろはお気に入りのペンギン抱き枕にご満悦。

それにしても、
自分の洋服の多さには辟易しました・・・
しまう場所がないので、未だクローゼットの中に
山積みのまま。
どうしようかなあ、あれ。
見なかったことにしようかな。
21:34 日記 in Michigan | コメント(0)

ビビンバ

2006/11/06
今日の夕飯は、ONE WORLD近くの韓国焼肉店「BIBIMBAB」。
ぴろの同僚Mさんと3人。

店は地下にあり、回りの店は夜は閉まっているし
エレベーターも止まっているのでちょっと不気味。
でも店内はお客がいっぱいいました。
8割はアジア系だったかな。

肉は柔らかく、美味しかったです。
ビビンバ食べたかったけど、焼肉のほかに
ナムルなどの小皿が山ほど来たので
お腹いっぱいで無理でした。

スーパーでは薄切り肉はあまり置いていないので、
久々に食べることができて嬉しかったです。
06:21 食事 | コメント(0)

クランブルック美術館

2006/11/05
IMG_0805.jpg


Cranbrook Art Museumへ遊びにいきました。
美術館自体の規模はそれほど大きくありません。
展示品も驚くようなものはないし。
だけど
敷地内には学校や昔の大邸宅、湖などがあり、
夏場は散歩したら気持ちがよさそう。
この時期はちょっと寒いので、私たちは
見るところを見たら早々に車に戻ってしまいました。

美術館のショップで、
ステンレスのマグカップを購入☆
$11くらい。結構お高い。
06:47 アート(美術・音楽・舞台) | コメント(0) | トラックバック(0)

ガレージセール2

2006/11/04
デトロイトへ来て2回目のガレージセール。
今回は14件の合同セールということで、楽しみにしていました。
場所は家から車で5分もかからない場所。
・・・のはずだったんだけど、また道に迷って30分かかりました。

中にはたくさんの日本人の奥様がいました。
久々にぴろ以外の人と日本語を交わせたので、嬉しかった♪
でも皆さんもうすぐ帰国されるのですねぇ。。

さてさて、
やっぱり前回行ったセールとは段違いの規模で、
品数豊富でした。でも子供用品が多かったかな。玩具や洋服など。
年齢的に、小さなお子さんがいる家庭が多いもんね。
私はコーヒーテーブルやナイトテーブルなどが欲しかったのだけど、
家具類はすでに殆どSOLD OUT。

でも何とか、腰高くらいのチェストをゲットしました。
なんと1$。かなりガタが来ているので修復が必要そうでしたが、
自分で直せそうだな~と思って売ってもらいました。
日曜大工みたいなこと大好きだし。

明日は土曜日なので、ぴろと一緒に取りに行きます。


今日はガレージセール、掃除・洗濯以外には、
ずっとTVの前にいたような気がする。
今日観たのは「Sole Survivor」という3時間の映画。
飛行機事故で妻子を失った主人公。1年後、
いないはずの生存者が1人いることを知り・・・
ミステリアス・サスペンスというのかな?
スティーブン・キングっぽいストーリーだった。
Dean Koontz原作とのこと。なかなかでした。

その後はディズニーの「バンビ」。

映画がたくさん見れることに関しては、
ここは天国のよう。
10:35 買い物 | コメント(1)

ESL登録、組み分けテストへ

2006/11/01
ついにESLのレジストレーションの日!
Walled Lake Community Centerの登録日は2日間。しかも1時から7時の間にいつでもいいとのこと。でも万が一定員に達して、途中で締め切られたりしたらと心配だったので、初日の1時に乗り込むことに。
・・・一番乗り。張り切りすぎ。

パスポートを提出し、すぐにテスト開始。手持ち時間は25分間、
20問程度のマークシートのみ。試験問題は、中学卒業レベルの英語力があれば、高得点が狙えそうな感じ。いや~な予感がしたけど、ひとまず頑張ってみました。

試験中、教室には次々に生徒が。
どうやらGED(高校卒業の資格を取得するプログラム)の試験も一緒にするらしい。期待していた、日本人の奥様は一人も会えませんでした。残念。でも事務所のクラス風景を見るとたくさん写っていたから、心配ないよね。

試験が終わると、その場で採点してくれました。
なんと結果は一番上のクラスに!悪い予感が的中。
そう、私は
読めるけどしゃべれない日本人
の典型。一番上のクラスなんて、ついていけるわけがないー

どうやら採点してくれた女性は先生らしい。
「私のクラスよ。私は"めぁうぃうぃん"。よろしくね」
「えぇっ、でも一番上のクラスなん・・・」
「大丈夫よ。私のクラスで上達するはずだから」
「でも、わた・・」
「やってみて合わなかったら、他のクラスに移ってもいいし」
「で、でm」
「クラスはたくさんあるから大丈夫!!^^」
めぁうぃうぃん上品なのに意外に強引。
抗議はあきらめて(このあたりが日本人)、
小切手の書き方を教えてもらい、オフィスへ授業料の支払いへ。

グリーンカードを取得している人は無料らしいけど、私は残念ながら有料。それでも1日2時間半・週3日・7週間で$180とは格安だよね。

先生の名前は、受付の女性に聞いても「めぁうぃうぃん」。変わった名前だなぁと思っていたら、もらったプリントに「Marilyn」と書かれていました。

・・・。
マリリンって言ってたのか・・・。
悲惨な学校生活になりそうな予感。
05:27 学校(ESLその他) | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。