04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

サンドヒル・クレーン

2009/10/04
サンドヒル・クレーンは、ゴルフ場でしばしば目にする地味な鶴です。
うちから2時間ほど西の町バトル・クリーク(Battle Creek)に鶴の保護地があると知り、訪ねてみることにしました。↓去年ケンジントン・パークで撮ったサンドヒルクレーン。
サンドヒルクレーン親子

途中HowellのTanger Outletに寄って、昨日買った品物の交換。
そしてランシング(Lansing)近くでランチ。

↓Big John Steak & Onion。
http://www.bigjohnsteakandonion.net/index2.html
肉とオニオンやマッシュルームなどを炒めたものを挟んで食べます。
店内はスパルタンズ(Spartans:Michigan State Universityのアメフトチーム)のポスターがいっぱい。チームカラーである緑のTシャツを着ているお客さんも多かったです。
BigJohn.jpg

そう、Lansingはスパルタンズのホーム・・・というか、ミシガン州立大学があるのです。車でぐるっと周ったところ、ミシガン大同様に歴史ありそうな巨大な大学でした。
↓Spartan Studium。昨日は対ミシガン大学戦に勝利。
spartanstadium.jpg

Crane viewingは4時からしか入れないため、それまで隣接する公園のトレイル(Meadow and Marshland Trail)を散策。
Baker Sanctuary http://www.bakersanctuary.org/
↓始まったばかりの紅葉が綺麗。
マーシュランドトレイル2

そして目的地、Kiwanis Youth Areaへ。
ここには、秋になると7,000羽以上のサンドヒル・クレーンが集結するそうです。ミシガン全体の鶴の数が17,000弱というから、相当な数であることが分かります。
Kiwanis Youth Areaの一般開放は、鶴がmigrationのために集まる10月の週末のみ。

↓森に囲まれたこの湿地に鶴たちが集まります。
BakerSanctuary.jpg

ビューイング・エリアには案内のおじさんがいて、色々説明してくれます。
望遠鏡も覗かせてくれました。
鶴はこれから夕方にかけて、たくさん飛んで来るんだそうです。まだ4時過ぎ。
↓近くにいた鶴たち。
BakerSanctuary2.jpg

3ヶ所のポイントを行ったり来たり、時には車内で寒さをしのいで時間をつぶす。5時半頃になると、けたたましい鳴き声とともに続々と鶴が飛来。10羽以上の群れも少なくありませんでした。
BakerSanctuary4.jpg

弧を描きながら次々に降り立つ様子を見るのは面白かったけど、
でもみんな、遠くの地面に降りちゃう。。。降りたらもう草の陰で見えにくい。双眼鏡でよーく見ると、鶴のグレーの長い首がびっしり集まっているのが見える。
BakerSanctuary5.jpg

おじさんの話では、今日はせいぜい500羽くらいだそうです。
ピークは10月末らしいので、これから徐々に増えていくのだと思います。ちなみに今週末はここでCraneFestが開催されます。
http://www.cranefest.org/

帰りに見つけたCornwell's Turkeyville。
http://www.turkeyville.com/index.tafお土産屋さんのほか、小さな舞台つきのレストラン、アイスクリーム屋さんなどが入っていました。
cornwells.jpg
スポンサーサイト
11:08 ミシガン観光 | コメント(6) | トラックバック(0)

イースタン・マーケット

2009/09/12
デトロイトのダウンタウンでは、毎週土曜日だけ、大規模なファーマーズ・マーケットが開催されます。午前中がいいらしいので、お昼前に出かけました。
会場のまわりも出店があって、歌う人や楽器を演奏する人などもいて、楽しい♪
easternmarket1.jpg

↓いい匂い~!
easternmarket2.jpg

ファーマーズマーケットは、「Shed」と書かれた建物の中。
たくさんの買い物客が訪れていました。
easternmarket3.jpg

野菜や果物が安い!そして植木が、うちの周辺では目にしない生きのよさ。そしてこれまた安いー。↓mum(菊)の大きな鉢植え。
easternmarket5.jpg
イースタン・マーケットのホームページ:
http://www.detroiteasternmarket.com/
2009年10月24日の1:00~、イースタンマーケットでHarvest Beer Festival開催。
Webでチケット購入すれば5ドルお得らしい。↓
www.michiganbrewersguild.org/

お昼ごはんは、車で移動。少し離れたところにあるベーカリー(名前確認中・・・)で。↓コーンビーフをオニオンブレッドで挟んでもらいました。Taste good!
easternmarket6.jpg

その後は、ハイデルベルグ・プロジェクト(The Heidelberg Project)へ。
↓一見ガラクタ?子供のイタズラ?といった感じですが、アートなのです。ハイデルベルグ・プロジェクトは、芸術家Tyree Guytonさんが立ち上げたプロジェクト。アートで人々の心と生活を向上させるべく、あえて荒廃したデトロイトで始めたのでした。Heidelberg Streetの2ブロックいっぱいに、プロジェクトに賛同するアーティストたちの作品が散らばっています。
ハイデルベルグプロジェクト1

車を適当に止め(油断注意!)歩きはじめると、アーティストの一人が(あ~、名前忘れちゃった・・・)声をかけてくれました。地図があるよ!10ドルだよ~と言われたけど、たぶんDonation箱に入れるだけなので、いくらでもいいはず。私達は10ドル入れておいたけど。
地図を見ながら周ってみました。
ハイデルベルグプロジェクト2

ハイデルベルグプロジェクト3ハイデルベルグプロジェクト5
ハイデルベルグ・プロジェクト(The Heidelberg Project)のホームページ
http://heidelberg.org/

そしてオペラ座でミュージカル『オペラ座の怪人』。何回見ても感動!!
この日は友達の送別会と重なってしまって、私は参加できなかったのですが、、、日本ですぐ会えるもんね~。再会が楽しみです。
オペラ座の怪人200909
18:49 ミシガン観光 | コメント(2) | トラックバック(0)

カヌー

2009/08/22
ミルフォード(Milford)のProud Lake Recreation Areaにて。
www.michigandnr.com
ここはJBSD(デトロイト日本商工会 )のツアーで紹介されていました。みんなで行くのも楽しそうー。

12時頃、現地にて申込み。
ボートは7時までに返せばいいよ、とのことでした。それで28ドル/隻。曇り空で時折雨がパラパラ、というイマイチな天気のせいか、ボートはいっぱい残っていました。
ミルフォードカヌー1

川へ出てすぐ、ライフジャケットを着用していないことに気がつきました。まぁいいか、ということでそのまま先へ。何も言われなかったので、これは任意のもよう。
↓まずは川上へ。風は順風。
ミルフォードカヌー5

私が前で、ぴろが後ろの席。張り切って漕ぎ出したものの、うちの2人は全く息が合わず、右にガーッと行っては左へガーッと修正、という調子で川を蛇行。枝や茂みに何度も突っ込む。
↓茂みから必死に脱出中。写真撮る暇あるなら助けてくれ~。
ミルフォードカヌー3

自らの下手さをお互いのせいにしてののしり合い。結局、一人ずつ交互に漕ぐことに。しかし「自分のほうが上手い」と言い争いは続く。カヌーは夫婦関係を悪くするアクティビティだよ。
↓人とすれ違うときだけは笑顔で「ハーイ!」。
ミルフォードカヌー4

雨がぱらついて寒いので、1時間で折り返し、元の場所にボートを返却しました。ほんの2時間でも、必死漕ぎをしたので腕がちょっと疲れました。でも楽しかったなー。もっとゆっくり漕いで、途中でお弁当食べたり釣りしたり、、、なんていうのもいいだろうなあ。
後は土曜恒例のゴルフで締め。スコアは相変わらず。
21:14 ミシガン観光 | コメント(8) | トラックバック(0)

デトロイト観光・リバークルーズ

2009/08/09
昨日の豪雨とはうって変わって、今日はいい天気。
かねてから行ってみたかった、デトロイト・リバーのクルーズに行きました。
Diamond Jack's Rever Tours→http://www.diamondjack.com/
ツアーの催行は夏場のみ。この2時間のツアーは1日2便(1:00 3:30)あるようです。

ルネサンス・センターの東のボート乗り場へ。
予約はできないので、先着順に乗り込みます。
デトロイトダウンタウン1

船は船首以外には屋根があるので、日焼けの心配なし。
小さめの船だけど、ゆっくり進むので揺れはありませんでした。
デトロイトリバークルーズ1

デトロイト川沿いの建物などについて、ガイドさんが放送で説明してくれます。デトロイト側は「豪華な建物の廃墟」が多くて、ちょっと寂しいきもち。ゴミが積み上げられた空き地もあちこちに。
デトロイトリバークルーズ2

ベル・アイル(Belle Isle)の脇を抜け、Lake St.Clairの手前でUターン。
青空の下では、川も湖もとても綺麗。水が澄んでいました。
今度はカナダ側をじっくり見物。デトロイト側よりも比較的新しい、手入れの行き届いた邸宅がたくさん並んでいました。
デトロイトリバークルーズ3

船着場を通りすぎ、デトロイトとカナダ・ウィンザーをつなぐ橋:アンバサダーブリッジの下をくぐってからUターン。
デトロイトリバークルーズ5

GMビルとピープル・ムーバー(モノレール)。
右端に写っている船のほうでは、食事つきのリバークルーズを楽しめます。私たちが乗った船よりも一回り大きい。友人の話では、食事はバフェ形式で美味しかったそう。ガイドはなし。
Detroit Princess Riverboat→http://www.detroitprincess.com/
デトロイトリバークルーズ6

船を下りて、川沿いを散歩。
ルネサンス・センターの前では子供達が水遊びをしていました。
デトロイトルネサンスセンタ

空港近くのメトロ・パークWillow Metro Parkでゴルフをして帰りました。
冷夏のミシガンで、今年はじめて「夏らしい」と思える暑い一日でした。
willowmetropark.jpg
10:04 ミシガン観光 | コメント(2) | トラックバック(0)

乗馬 (Maybury State Park)

2009/08/01
NorthvilleのMaybury State Parkで、乗馬をしました。
予約は不要で、当日Horse stable(馬小屋)で申込み。
名前や連絡先のほかに、加入している保険の情報なども書く欄がありました。
恐らく「何か起こっても自分で責任をとります」というような内容の項目(←全然読んでいない)に、それぞれイニシャルを記入。

手続きが終わったら、15分ほどして出発になりました。
貴重品は落としたら大変なので、すべて車の中に保管。
horses.jpg

日本でも乗ってみたことはあるけど、係員に綱でひかれて柵の中をぐるっと回るだけだったので、あまり面白くなかった覚えがあります。今回はガイドさんの先導で、各自自分で手綱を握って、深緑の中の小道を1時間も歩くことができました。気持ちよかった!
私の馬はデニーという名前。ぴろのはホーガン。
馬が痛いのではと心配で手綱はあまり引けなかったけど、
デニーはほんの少しの動きでこちらの気持ちをすぐに察知してくれるお利巧さんでした。でも遠慮しすぎたのか、雑草のつまみ食いはなかなか止めてくれなかった(笑)。

Maybury Riding Stable
http://www.mayburyridingstable.com/index.html(申込み用紙Release Formダウンロード可能)
小さなお子さん用には、ポニーライドもあり(囲いの中のみ)。
21:21 ミシガン観光 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。